J-GLOBALについて

文字サイズ
  • 小
  • 大

J-GLOBALについて

J-GLOBALとは

異分野の「知」を探索し、新しい発想、シーズにつなぐ

J-GLOBALは、「つながる、ひろがる、ひらめく」をコンセプトに、これまで個別に存在していた科学技術情報をつなぎ、発想を支援するサービスです。
登載された情報間のつながりをもとに、JST内外の良質な科学技術情報から意外な発見や異分野の知を入手する機会を提供いたします。
産学連携や研究開発の初期段階および計画立案時におけるアイデア探しやきっかけ作りなどにぜひご活用ください。

相互に関連づけられた科学技術情報

J-GLOBALのコンセプト

つながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

ひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

ひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。

ご利用シーン

こんな方に、J-GLOBAL!

  • 産学官連携従事者
  • 公共図書館のレファレンス業務従事者
  • 研究者
  • 研究開発等の企画立案者
  • 経営者
  • 金融関係者
  • 論文や研究に携わる学生

こんなときに、J-GLOBAL!

  • 技術問題を解決するヒントが欲しい…
  • うちの技術を他分野で使えないか?
  • 同業他社の技術動向を把握したい…
  • 検索エンジンで調べた内容、専門的な裏付けがあるか
  • 調べてみよう!
  • 共同研究に最適な研究者を探したい!
  • 自分と同じような研究を行っている人を探したい…
  • 研究の背景を知りたい、参考文献を探したい…
  • あの大学の研究を製品化できないかな?

J-GLOBALの特徴

J-GLOBALの特徴1

J-GLOBALの特徴2

J-GLOBALの特徴3

収録情報

J-GLOBALで登載対象としている基本情報は以下のとおりです。(2015年5月8日現在)
詳細はヘルプ-収録情報をご覧ください。

研究者

研究者(約24万人)
国内の大学・公的研究機関・研究所に所属する研究者の氏名、所属機関、発表論文等

今すぐ検索する

文献

文献(約3,617万件)
国内外の主要な科学技術・医学・薬学文献の書誌(タイトル、著者、発表資料、巻号頁等)

今すぐ検索する

特許

特許(約1,146万件)
特許庁が作成する公開公報、公表公報、再公表公報の書誌(タイトル、出願番号、発明者等)

今すぐ検索する

研究課題

研究課題(約6万件)
国内の様々な研究課題のタイトル、実施期間、実施研究者等

今すぐ検索する

機関

機関(約33万機関)
国内の大学・公的研究機関・研究所の機関名、代表者、所在地、事業概要等

今すぐ検索する

科学技術用語

科学技術用語(約24万語)
科学技術用語の日本語名称、同義語、関連語、上位語等

今すぐ検索する

化学物質

化学物質(約336万件)
有機化合物の分子式、名称、慣用名等

今すぐ検索する

遺伝子

遺伝子(約22万件)
ヒト遺伝子の名称、エイリアス、遺伝子座等

今すぐ検索する

資料

資料(約22万誌)
国内外の主要な科学技術・医学・薬学文献のジャーナル等の資料名、略記、出版団体等

今すぐ検索する

研究資源

研究資源(約5,000件)
国内外の大学・公的研究機関等に関する研究資源名、機関名、概要等

今すぐ検索する

連携サイト一覧

J-GLOBALはたくさんの連携サイトと情報をリンクさせ、詳しい情報や新しい情報へご案内しています。
現時点での主なリンク先は以下のとおりです。(2014年10月1日現在)

AGROPEDIA
  • 文献

農林水産省 農林水産研究情報総合センターが運営する、農林水産分野に特化した文献等のデータベースサービス
(農林水産省 農林水産研究情報総合センター(AFFRIT))

CrossRef
  • 文献

米国PILA(Publishers International Linking Association,Inc.)が運営する、出版社の電子ジャーナルとの相互文献引用サイト。世界最大のDOI登録機関。
(Publishers International Linking Association, Inc.)

EntrezGene
  • 遺伝子

米国NCBI(国立バイオテクノロジー情報センター)が運営する遺伝子に関するデータベース
(U.S. National Library of Medicine)

e-seeds
  • 特許

科学技術振興機構が運営する技術シーズ統合検索システム
(科学技術振興機構)

HOWDY
  • 遺伝子

科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が運営する、ヒトゲノム情報統合データベース
収録件数:約21万件
(科学技術振興機構)

J-PlatPat
  • 特許

工業所有権情報・研修館(INPIT)が運営する、特許庁作成の特許情報データベース。特許情報プラットフォーム。
(工業所有権情報・研修館)

JREC-IN Portal
  • 機関

科学技術振興機構が運営する、研究人材のキャリア形成・能力開発に役立つ情報を提供するポータルサイト。産学官の求人情報、eラーニング教材等のキャリア支援コンテンツやイベント情報を提供。
(科学技術振興機構)

J-STAGE
  • 文献
  • 資料

科学技術振興機構が運営する電子ジャーナル公開システム。国内の学協会の電子ジャーナル発行を支援。
(科学技術振興機構)

J-STORE
  • 特許
  • 用語

科学技術振興機構が運営する、技術移転可能な(ライセンス可能な)特許情報等を検索できる無料データベース。
(科学技術振興機構)

MathSciNet
  • 文献

米国AMS(米国数学会)が運営する、世界の数学文献情報のデータベース
(American Mathematical Society)

PAT-ReSerge
  • 特許

株式会社アモティ提供の特許検索サービス
(株式会社アモティ)

国立国会図書館サーチ
  • 研究者
  • 用語
  • 資料

全国の公共図書館を含めた蔵書検索
収録件数:計約956万件
(国立国会図書館(NDL))

PubMed
  • 文献

米国NCBI(国立バイオテクノロジー情報センター)が運営する
世界最大級の医学・生物系文献情報データベース
(U.S. National Library of Medicine)

ReaD & Researchmap
  • 研究者

科学技術振興機構が運営する、研究人材双方向コミュニケーションサービス
収録件数:約23万人
(科学技術振興機構)

ウィキペディア
  • 用語

ウィキメディア財団が運営する、誰でも自由に編集可能なインターネット上の百科事典。
(ウィキメディア財団)

医学・薬学予稿集全文データベース
  • 文献

情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンターが運営する、国内医学・薬学系学会を中心とした予稿集の全文データベース
(ライフサイエンス統合データベースセンター)

研究.net
  • 機関
  • 用語

WDB株式会社が運営する、上場企業等の研究開発情報の検索サービス
(WDB株式会社)

研究者リゾルバー
  • 研究者

国立情報学研究所が運営する、研究者情報検索サービス
(国立情報学研究所(NII))

生命科学データベース横断検索
  • 遺伝子

科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が運営する、生命科学系のデータベースを横断的に検索するシステム
(科学技術振興機構)

日本化学物質辞書Web
  • 化物質

科学技術振興機構が運営する、有機化合物辞書データベースの検索サービス
収録件数:約320万件
(科学技術振興機構)

複写サービス所蔵資料複写
  • 文献

科学技術振興機構が運営する、所蔵資料の文献複写提供サービス
(科学技術振興機構)

SBIR
  • 機関

中小企業基盤整備機構が運営する、SBIR(中小企業技術革新制度)に関する情報提供サイト
(中小企業基盤整備機構)

Integbioデータベースカタログ
  • 研資源

文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省の4省による、生命科学系データベースの統合の一環として国内外の生命科学系データベースの所在情報と、データベースについての説明や生物種などのさまざまな属性情報 (メタデータ)をまとめたリスト
(科学技術振興機構)

生命科学系データベースアーカイブ
  • 研資源

国内で産生された生命科学系データベースを、誰もが利用できるよう、ダウンロード可能なかたちで長期にわたり維持
(科学技術振興機構)

共用ナビ

文部科学省が運営する、研究施設共用総合ナビゲーションサイト
(文部科学省)

J-GLOBALのご利用者の声や活用事例はこちら

ご意見・お問い合わせ

J-GLOBALは、みなさまに育てていただく、双方向型のサービスを目指しております。みなさまの貴重なご意見を開発者一同お待ちしております。

ご意見・お問い合わせ

J-GLOBAL開発関係者
J-GLOBAL 正式版(2012年9月~)は、以下のメンバーによって開発されました。
Produced by 【企画開発、サービス設計、システム開発統括】
科学技術振興機構(JST)http://jipsti.jst.go.jp/
坂内悟、國岡崇生、植松利晃、堀内美穂、浅田哲史、柳田敏、及川勝、松岡正明、知花司、沼田充
Developed by

【サービス分析、サイト設計、ユーザインタフェース・ユーザビリティ設計】
ネットイヤーグループ株式会社http://www.netyear.net/
渡邊大輔、宮村和実、小林真二、松倉健喜

【Webデザイン】
株式会社Plankton Design http://planktondesign.jp/
牧下浩之

【開発、実装】
インテリジェントネット株式会社 http://www.ini.co.jp/
角雄崇、前田大介

株式会社センティリオンシステム http://www.centsys.jp/
山中剛志、岡部徹

【データ統合アルゴリズム、検索システム、WebAPI(バックエンドシステム設計開発)】
株式会社 RNAi http://rnai.co.jp/
山田智之、佐藤友思、杉浦信吾、山田康之、趙英淑、井野晃子、原田真貴子