J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

ヘルプ

収録情報

J-GLOBALの収録情報について

J-GLOBALで提供している各データベースの収録情報については以下の通りです。より詳細な情報が検索できるサイトが存在する場合はそのURLを紹介しています。

  概要 収録件数 情報源orより詳細なサイト
研究者 国内の大学・公的研究機関・研究所に所属する研究者情報 約25万人 researchmap
文献 国内外の主要な科学技術・医学・薬学文献情報 約4,173万件 JDream(有料サービス)
収録誌一覧のダウンロード(zip形式 5.18MB)
特許 特許庁が作成する公開公報、公表公報、再公表公報、特許公報 約1,199万件 特許情報プラットフォーム
研究課題 過去にReaDに登録された情報、およびJST実施の主な研究課題(JST) 約6万件 (J-GLOBALをご利用ください)
機関 国内の大学・公的研究機関・研究所の情報、各機関より登録のあった情報、およびランドスケイプ社機関情報 約35万機関 (J-GLOBALをご利用ください)
科学技術用語 科学技術用語に関する同義語や関連語情報等 約33万語 (J-GLOBALをご利用ください)
化学物質 日本化合物辞書収録の有機化合物情報 約350万件 (J-GLOBALをご利用ください)
遺伝子 HOWDY-R収録のヒト遺伝子情報(JST) 約6万件 HOWDY-R
資料 JSTが収集・所蔵する国内外の科学技術系資料 約15万誌 (J-GLOBALをご利用ください)
研究資源 国内の大学・公的研究機関等に関する研究資源情報(*)およびIntegbioデータベースカタログ 約5,000件 Integbioデータベースカタログ

※「研究資源」とは、研究機関が保有し、直接的・間接的に研究活動を支援すると判断される有形・無形の資源で、外部研究者も利用可能なものが対象となります。
※2016年9月5日現在のデータです

収録情報および、収録情報の修正・登録等について

1.研究者情報

J-GLOBAL の研究者情報は、researchmapにおいて研究者本人または研究者の所属機関が登録した情報に基づいています。JST が独自に Web や文献等で調査・登録したデータではありません。また情報を更新していない場合、古い情報が登載されていることがあります。

変更・削除:

登載されている研究者情報の変更・削除を希望される研究者の方は、researchmap よりご自身のID・パスワードを使って行えます。ID・パスワードがご不明の場合や、操作手順については、researchmap の問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
誤った情報については、研究者本人にご連絡下さい。

新規登録:

研究者本人による研究者情報の新規登録は、researchmap 登録ページから行えます。登録方法が分からない場合は、researchmap の問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

情報の基本反映タイミング:

researchmapで更新した情報が J-GLOBAL へ反映されるまでには、最大4営業日かかります。 なお、更新処理の進捗により、反映が1日遅れる場合があります。

情報の反映タイミング

J-GLOBAL における研究者情報の表示について:

J-GLOBALの表示項目とresearchmapの関係

研究者情報の表示について

(*1)J-GLOBALの「ホームページURL」欄は、researchmap の日・英それぞれのページに登録されているURLが表示されます。

●researchmap でメールアドレスを登録する際に「配信された情報を受け取る」にチェックしている場合、 J-GLOBAL で「研究者にコンタクトする」ボタンが表示されます。

●性別、生年月日はJ-GLOBAL、researchmapとも表示されません。

2.文献情報

J-GLOBAL ではJSTが作成した科学技術に関する文献情報データベースの書誌情報の提供を行っております。著作権法上、原文のWeb公開は行っておりませんのでご了承ください(ただしリンク先の外部サイトが原文の公開を行っている場合はあります)

修正・削除・新規登録について

原則として、正しい内容の文献情報の削除依頼は受け付けておりませんが、論文の撤回等、特段のご事情がある場合には、著作権者(学会、出版社等)の確認を得た上でご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。
また、機関名称や著者名等は、原文献に準ずる形で、当時の情報を掲載しております。これらを現表記への修正は承っておりません。また、古い文献情報(特に1975~1980年前後の発行資料)については、作成当時のオンライン環境での制限が非常に大きく、大幅な略記や著者名のひらがな表記(例:山縣→山がた)が多く残っておりますのでご了承ください。
また、データベースへの新規掲載はJSTが収集した科学技術系の資料の中から、一定の基準に従って行っておりますので、研究者ご本人の希望による文献情報の掲載は承っておりません。その他、ご要望がございましたらご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。

また、書誌情報に加えて抄録・索引情報を掲載したデータベースを、JDream(有料サービス)にて提供しております。

3.特許情報

特許庁が作成する公開公報、公表公報、再公表公報、特許公報情報を掲載しています。全文情報については、特許情報プラットフォームで公開しております。JST が独自にこれらのデータを編集することはありません。万が一データの誤りがあった場合には、特許情報プラットフォームにお問い合わせ下さい。

4.研究課題情報

J-GLOBAL の研究課題情報は、JST 実施の主な研究課題および研究機関から提供されたものです。研究機関が情報を更新していない場合、古い情報が登載されていることがあります。

変更・削除・新規登録:

ただ今、情報の変更や新規登録は受け付けておりません。削除については、ご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。

5.機関情報

現在、J-GLOBAL の機関情報として、以下の3種類の情報が登載されています。

(1)researchmap(旧ReaD) より登録された研究機関情報

研究機関から提供された情報です。JST が独自に Web や文献等で調査・登録したデータではありません。研究機関が情報を更新していない場合、古い情報が登載されていることがあります。

(2)機関名辞書データ(民間企業等を含む)

機関名称で検索を行う際の別名展開のため、機関名のみが登録されており、住所等のデータは入力されていません。

(3)ランドスケイプ社機関情報

ランドスケイプ社が独自に収集・構築した情報です。

変更・削除・新規登録:

(1)の研究機関情報の修正は、researchmapデータ交換システムより行えます。
※researchmapデータ交換システムのURLは、順次機関のご担当者様宛にお送りしております。
データ交換システムに関するご質問等は、researchmap事務局(datakokan@researchmap.jp)までお問い合わせください。

6.科学技術用語情報

JST の作成する「科学技術用語シソーラス」「大規模辞書」、オンライン学術用語集「Sciterm」の用語が登載されております。また、案内される同義語情報には、Wikipedia 由来のものが含まれます。

(1)「科学技術用語シソーラス」「大規模辞書」

JST では、文献や特許に現れる科学技術用語を基に辞書構築作業を行っており、上位・下位語などの概念も合わせて整理した「科学技術用語シソーラス」と「大規模辞書」にまとめています。利用者のご意見に基づく用語登録、削除、変更は、定常的には行っておりませんが、アドバイス等ございましたら、ご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。

(2)オンライン学術用語集「Sciterm」

各学会と文部科学省によって編纂された学術用語集です。
各編における著作権者は下記の通りになっています。

編名 著作権者
数学編 文部科学省
採鉱ヤ金学編 文部科学省
船舶工学編 文部科学省
キリスト教学編 文部科学省
航空工学編 文部科学省
計測工学編 文部科学省
地震学編 文部科学省
原子力工学編 文部科学省
海洋学編 文部科学省
地理学編 文部科学省
地学編 文部科学省
心理学編 文部科学省、日本心理学会
気象学編(増訂版) 文部科学省、日本気象学会
動物学編(増訂版) 文部科学省、日本動物学会
植物学編(増訂版) 文部科学省、日本植物学会
物理学編(増訂版) 文部科学省、日本物理学会
土木工学編(増訂版) 文部科学省、土木学会
建築学編(増訂版) 文部科学省、日本建築学会
遺伝学編(増訂版) 文部科学省、日本遺伝学会
天文学編(増訂版) 文部科学省、日本天文学会
言語学編 文部科学省、日本言語学会、日本英語学会
分光学編(増訂版) 文部科学省、日本分光学会
化学編 文部科学省、日本化学会
論理学編 文部科学省

7.化学物質情報

JST の作成する日本化学物質辞書(日化辞)に登録された化学物質が登載されております。構造が確定している有機化合物およびその混合物を収録対象としており、日本語名、英語名、法規制番号、CAS登録番号、構造情報などを収録しています。日化辞のデータは1986年から登録が開始されました。日化辞の登録システムは、1981年度(昭和56年度)から1986年度(昭和61年度)にかけて行われた科学技術庁(現在の文部科学省)振興調整費プロジェクト「ネットワーク共用による化合物情報等の利用高度化に関する研究」の成果をもとに改良を加えたものです。
データ源は、以下のとおりです。

(1)初期データ

  • JICST(現JST)情報部で文献索引の補助として集積した化合物カード
  • 科学技術庁(現文部科学省)の振興調整費プロジェクト参加機関の専門データベース登録化合物
  • 「化学物質の審査および製造などの規制に関する法律」(化審法)が定める「既存化学物質名簿」に記載された物質及び、その後新規化合物として公示された化合物
  • 労働安全衛生法(安衛法)によって定められ、官報に公示された化合物
  • 米国保健教育福祉省発行のRTECS(Registry of Toxic Effects of Chemical Sbstances)に記載された化合物
  • 教科書、ハンドブック類(医薬品、農薬、試薬、染料・色素、食品添加物、天然物などの各分野)

(2)更新データ

現在、日化辞のデータ登録は文献(注)に対する主題物質の索引と連動して行われ、毎日(随時)更新されています。新規物質を索引すると、日化辞にその物質が新規登録されます。既登録物質を新規名称で索引すると、その名称が日化辞に追加されます。また、官報公示された化審法、安衛法の法規制番号については、随時収録しています。
(注)この「文献」は、JSTPlusファイル(科学技術文献ファイル)およびJMEDPlusファイル(国内医学文献ファイル)の収録文献を指します。
利用者のご意見に基づく化学物質登録、削除、変更は、定常的には行っておりませんが、アドバイス等ございましたら、ご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。

8.遺伝子情報

JST の作成する HOWDY-Rに登録された遺伝子情報が登載されております。ご意見やアドバイス等ございましたら、ご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。

9.資料情報

JSTの収集資料を登載しています。利用者のご意見等に基づくデータ変更は原則として行っておりませんが、アドバイス等ございましたら、ご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。

10.研究資源情報

J-GLOBAL の研究資源は、研究機関から提供されたもの及び、科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)が運営する Integbioデータベースカタログを登載しています。

変更・削除・新規登録:

研究機関から提供された情報については現在更新していないため、情報の変更や新規登録は受け付けておりませんが、削除については、ご意見・お問い合わせよりメールでご連絡下さい。Integbioデータベースカタログについては こちらへお問い合わせください。

※「研究資源」とは、研究機関が保有し、直接的・間接的に研究活動を支援すると判断される有形・無形の資源で、外部研究者も利用可能なものが対象となります。

その他

関連/推定情報について

J-GLOBAL は、独自の関連度計算ロジックにより、「関連検索」、「機械的に同定処理した結果」といった関連情報や推定情報を提示する機能を有しております。コンピュータによる推定であるため、基となった情報の内容や関連度計算の結果によっては、的外れな情報が案内されることがあります。
しかし、J-GLOBAL は(ズバリ一致するでもないような)関連情報を辿っていく過程で新たな発見やヒラメキを得る発想支援ツールとして開発されたシステムであり、関連/推定情報を提示する機能は、J-GLOBAL にとって極めて重要であると考えております。
今後、関連度計算や推定機能の精度は向上を図って参りますので、どうぞご理解をいただきたくお願いいたします。