J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

研究者の詳細情報

更新日 2013年11月08日

研究者J-GLOBAL ID:200901022692489391

REBUCK MARK SIMEON

リバック マーク シイミオン | REBUCK Mark Simeon

所属機関・部署:-
研究キーワード:The bulk of my research has been in methodology in language teaching、in particular、the use of authentic audio for listening. Current research involves assessing the value for Japanese students of classroom resources based on L1 clips of spontaneous native speakers' speech、including examples of L1 "ungrammatical" language. Another area of my research is assessing how NNS in a graduate school perceive having their writing edited/proofread by other NNS as opposed to a NS editor.
  • J-GLOBALホームを見る
  • J-GLOBALをブックマークする

J-GLOBALでつながる、ひろがる、ひらめく

J-GLOBALについて

情報がつながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

発想がひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

アイディアがひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。