J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

研究者の詳細情報

更新日 2017年12月02日

研究者J-GLOBAL ID:200901038390774554

青木 敬士

アオキ ケイシ | AOKI Keishi

所属機関・部署:日本大学 芸術学部文芸学科
職名:教授
研究キーワード:インターネットに代表される画面上の文字表現は、グーテンベルグの活版印刷から「複製」と「伝達」能力を進化させ続けた究極型と思われるが、そこにも、サーチエンジンという選別の目を意識したさらなる進化の余地があったことを、ここ数年のGoogleの台頭という現象によって知らしめられることとなった。このようにめまぐるしいスピード感をともなう画面上のテキスト表現に対して、紙に印刷される本や新聞というメディアも滅びることなく制作され続けているが、ネットのスピードに影響されて、コンテンツの質が一瞬で消費されてしまう即時性に、ハイパーテキスト、電子書籍
  • J-GLOBALホームを見る
  • J-GLOBALをブックマークする

J-GLOBALでつながる、ひろがる、ひらめく

J-GLOBALについて

情報がつながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

発想がひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

アイディアがひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。