J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

研究者の詳細情報

更新日 2017年12月23日

研究者J-GLOBAL ID:200901041241146959

五十嵐 淑郎

イガラシ シユクロウ | IGARASHI Shukuro

所属機関・部署:茨城大学 工学部生体分子機能工学科
職名:教授
研究キーワード:分離・計測化学、環境分析、生体分析、材料分析、簡易分析(eye-Mip法)、金属-ポルフィリン錯体、超高感度分析試薬、均一液液抽出法(HoLLE法)、超高倍率濃縮法(Tricom法)およびCascade法(カスケード:連なる小滝)、自己触媒反応(Cobla Flow法)、金の選択的分離回収システム(g-MOVE法)、時間計測ー化学発光法(iTem-CL法)、ランタイド金属の選択的回収方法(La-VEBA法)、 金・銀・水銀の分離材(SO-1)、レアメタルリサイクル法(Escarugot System)、色
  • J-GLOBALホームを見る
  • J-GLOBALをブックマークする

J-GLOBALでつながる、ひろがる、ひらめく

J-GLOBALについて

情報がつながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

発想がひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

アイディアがひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。