J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

文献の詳細情報

文献J-GLOBAL ID:200902131009106986整理番号:95A0050718

時間分解赤外分光法を用いた,PBLG‐CRA膜の液晶配向力の解析 (2) 印加電場の周波数が,膜及び液晶に与える影響

LC-Orienting Force of PBLG-CRA(Chemical Reaction Alignment) Film Studied by Time-Resolved Infrared Spectroscopy. (2). Dependence of Film and LC response on Frequency of Electric Field.

著者:浦野妙子(東芝)、町田茂(東芝)、佐野健二(東芝)
資料名:液晶討論会講演予稿集 巻:20th ページ:442-443
発行年:1994年10月
  • J-GLOBALホームを見る
  • J-GLOBALをブックマークする

J-GLOBALでつながる、ひろがる、ひらめく

J-GLOBALについて

情報がつながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

発想がひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

アイディアがひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。