J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

文献の詳細情報

文献J-GLOBAL ID:200902165131091320整理番号:99A0568660

生産資材による環境負荷軽減をめざした環境保全型農業技術の開発 1.環境保全型農業技術開発促進事業 (1)化学肥料・農薬3~5割節減をめざした環境保全型農業技術の開発 イ.環境保全型防除技術の開発 (3)地域病害虫発生モニタリングシステム導入事業 イ.移植期における長期害虫予察法の確立 (イ)現地農家ほ場におけるコバネイナゴの発生実態 (山形県立農業試験場庄内支場S)

Development of agriculture technology of environmental conservation type with aim of reduction in environment loading using production materials. III. Introduction project of monitoring system for regional pest occurrence. I. Establishment of long term occurrence forecast method for insect pest in transplantation stage. II. Occurrence state of Oxya yezoensis in field. (Yamagata Prefect. Agricultural Exp. Stn., Shonai Branch S.).

資料名:水田技術研究部試験成績書(作物栽培・病害虫) 巻:1998 ページ:41-42
発行年:1998年
  • J-GLOBALホームを見る
  • J-GLOBALをブックマークする

J-GLOBALでつながる、ひろがる、ひらめく

J-GLOBALについて

情報がつながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

発想がひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

アイディアがひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。