J-GLOBALについて

ENGLISH

文字サイズ
  • 小
  • 大

文献の詳細情報

文献J-GLOBAL ID:200902165139747870整理番号:02A0112607

小児消化管機能をめぐる進歩と問題点 排便時の結腸・直腸こう門の協調運動における仙骨神経の役割と排便ペースメーカー作製の可能性

Progress of Studies on Gastrointestinal Function in Children. Roles of the Sacral Nerves in the Cooperative Process of the Colon and Anorectum During Spontaneous Defecation and the Possibility of Electric Sacral Nerve Stimulation as a Defecation Pacemaker.

著者:松藤凡(聖路加国際病院 小児外科)、横山穣太郎(聖路加国際病院 小児外科)、平林健(国立栃木病院 小児外科)
資料名:小児外科 巻:33 号:12 ページ:1383-1388
発行年:2001年12月25日
  • J-GLOBALホームを見る
  • J-GLOBALをブックマークする

J-GLOBALでつながる、ひろがる、ひらめく

J-GLOBALについて

情報がつながる

J-GLOBALでは研究開発でキーとなる情報をつないでいます。例えば、文献と特許を人(著者・発明者)でつなぎ、そのつながりから次々と情報を取り出せます。
新たな気付きや、今まで見つからなかった情報の発見に役立ちます。

発想がひろがる

着目した情報が、連携する外部サイトリンクや内容が近い情報が見つかる関連検索でひろがります。
異分野の知識獲得や専門分野を超えた発想を支援します。

アイディアがひらめく

つながる・ひろがるの繰り返しから、思わぬ問題解決のヒントや新たなアイディアがひらめくキッカケを提供します。