研究者
J-GLOBAL ID:200901000251851555   更新日: 2020年08月22日

小泉 元宏

コイズミ モトヒロ | Koizumi Motohiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 立教大学  大学院社会学研究科   准教授
  • 国際基督教大学  教養学部 アーツ・サイエンス学科 人文科学デパートメント   講師
研究分野 (2件): 芸術実践論 ,  社会学
研究キーワード (3件): 社会学 ,  文化政策研究 ,  音楽社会学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2020 アートプロジェクトによる地域社会変容に関する実証研究と理論構築
  • 2012 - 2016 アートプロジェクトを媒介とした地域社会における交流と社会的活動に関する実証的研究
  • 2011 - 2013 文化資本と社会関係資本の関連性:クラシック音楽祭参加者への調査によるアプローチ
  • 2010 - 2011 アートプロジェクトによる地域振興をめぐる客観的評価に関する研究-瀬戸内国際芸術祭2010を事例として-
  • 2008 - 2010 東アジアにおける国際美術展の開催形式とその変遷:グローバル/ローカル化の影響
論文 (13件):
  • 小泉元宏. Governance with a Creative Citizenry: Art Projects for Convivial Society in Japanese Cities. The Rise of Progressive Cities East and West. 2019. 185-202
  • 小泉元宏. Connecting with Society and People through ‘Art Projects’ in an Era of Personalization. Cities in Asia by and for the People. 2018. 177-200
  • Motohiro Koizumi. Creativity in a Shrinking Society: A Case Study of the Water and Land Niigata Art Festival. Cities. 2016. 56. 141-147
  • 小泉 元宏. Governance with a Creative Citizenry: Public Art Projects for Cultural Vitality in Japanese Cities. Making a Progressive City: Seoul's Experience and Beyond. 2015. 243-258
  • 小泉 元宏. Collaborative Arts in Urban Social Spaces and Its Implications. Cultural Strategies and Urban Regeneration, Korea Research Institute for Human Settlements. 2013. 109-121
もっと見る
MISC (11件):
  • 小泉 元宏. 書評 宮本結佳著『アートと地域づくりの社会学ーー直島・大島・越後妻有にみる記憶と創造』. 文化経済学. 2019. 16. 2. 42-44
  • 小泉 元宏. 「別府アルゲリッチ音楽祭」の文化・社会的価値. 「別府アルゲリッチ音楽祭」 事業実績及び経済波及効果等 に関する調査研究報告書. 2019. 89-103
  • 武田 信吾, 筒井 一伸, 関 耕二, 小泉 元宏, 安田 真人. 地域創造に関わる高大連携事業の実践-兵庫県立村岡高等学校と鳥取大学地域学部の連携事例をもとに-. 地域学論集. 2016. 14. 1. 137-152
  • 小泉 元宏. 書評 藤田直哉編著『地域アート 美学/制度/日本』. 文化経済学. 2016. 13. 2. 79-82
  • 小泉元宏, 福田恵子. 地域社会形成における新たな高大連携の可能性. 地理. 2015. 722. 723. 87-93
もっと見る
書籍 (6件):
  • アートがひらく地域のこれから:クリエイティビティを生かす社会へ
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:4623088006
  • インターローカル : つながる地域と海外
    筑波書房 2017 ISBN:9784811905051
  • よくわかる都市社会学
    ミネルヴァ書房 2013 ISBN:9784623065059
  • 「社会と関わる芸術(socially engaged art)」の展開 : 1990年代-2000年代の動向と、日本での活動を参照して = Socially engaged art and its perspectives : on the relationship between arts and society in Japan in the 1990s-2000s
    [小泉元宏] 2011
  • 芸術は社会のために何ができるか・社会は芸術のために何ができるか(CLA-アーカイブズ 22)
    慶應義塾大学教養研究センター 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (42件):
  • Community and Creativity in the era of Cultural Industries
    (Inter-Asia Cultural ​Studies Society Conference 2019 2019)
  • Arts for Conviviality: To Rediscover and Recreate our Connections
    (The City in Space and Time 2018)
  • Participatory Art for Convivial Society and Its Significance and Issues: Case Studies of Art Projects in Japan
    (2017 Suwon Forum on Asian Human City 2017)
  • Whom Is Art For?: The Issue of Cultural Policies for Social and Political Uses
    (Remapping Arts, Heritage and Cultural Production: Between Policies and Practices in East and Southeast Asian Cities 2017)
  • Community Vitalization with Tacit Creativities
    (The Tenth International Convention of Asia Scholars 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 東京藝術大学 大学院音楽研究科(博士後期課程)
  • 2006 - 2008 東京藝術大学 大学院音楽研究科(修士課程)
  • 2002 - 2006 国際基督教大学 教養学部
学位 (3件):
  • 博士(学術) (東京藝術大学)
  • 修士(音楽) (東京藝術大学)
  • 学士(教養) (国際基督教大学)
経歴 (10件):
  • 2016 - 現在 立教大学 准教授
  • 2016 - 現在 立教大学 准教授
  • 2016 - 現在 立教大学 准教授
  • 2013 - 現在 国際基督教大学 講師
  • 2011 - 現在 大阪大学 CLICフェロー
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019 - 現在 日本文化政策学会 理事
  • 2017 - 現在 日本文化政策学会 学会誌編集委員
  • 2019 - 2019 日本文化政策学会第13回研究大会 実行委員会副委員長
  • 2018 - 2018 IAML/RILM Joint International Conference 2018 事務局長
  • 2014 - 2016 鳥取県 鳥取県美術館整備基本構想検討委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本社会学会 ,  関東社会学会 ,  文化経済学会<日本> ,  日本文化政策学会 ,  日本ポピュラー音楽学会 ,  Inter-Asia Cultural Studies Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る