研究者
J-GLOBAL ID:200901002190704417   更新日: 2020年05月01日

田邊 将信

タナベ マサノブ | MASANOBU TANABE
所属機関・部署:
職名: 専任講師
論文 (16件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • 赤痢アメーバのメチオニンガンマリアーゼ解析:腸管内寄生原虫における含硫アミノ酸代謝
    (第75回日本生化学会 2003)
  • 日本住血吸虫症における肝線維化マーカーの有用性
    (第72回日本寄生虫学会 2003)
  • Centenary symposium to celebrate the discovery of <I>Schistosoma japonicum</I>. The induction of convulsion-inducing lipoprotein (CILIP) by Schistosoma mansoni infection is dependent on PTK and PKC activation
    (第72回日本寄生虫学会 2003)
  • PI3K-mediated negative feedback regulation of IL-12 production in dendritic cells
    (第32回日本免疫学会 2002)
  • Detection of specific antibodies in the urine as markers of human <I>Schistosoma japonicum</I> infection
    (International Congress of Parasitology 2002)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る