研究者
J-GLOBAL ID:200901002525527353   更新日: 2020年01月20日

西野 浩史

ニシノ ヒロシ | NISHINO Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.es.hokudai.ac.jp/labo/nishino/
研究分野 (3件): 動物生理・行動 ,  神経解剖学・神経病理学 ,  脳計測科学
研究キーワード (9件): 神経解剖学 ,  聴覚 ,  フェロモン ,  嗅覚 ,  害虫防除 ,  バイオミメティクス ,  神経行動学 ,  昆虫生理学 ,  感覚生理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2015 - 2020 高速道路の飛来虫対策に関する研究
  • 2017 - 2020 明瞭分離された2つの嗅覚経路のシグナルフローの意義の解明
  • 2017 - 2018 Spatial odor coding in insects
  • 2014 - 2017 単一嗅覚器による匂い方向検出の神経基盤の解明
  • 2014 - 2017 カミキリムシにおける基質付着の制御機構の解明
全件表示
論文 (54件):
  • Paoli M, Nishino H, Couzin-Fuchs E, Galizia CG. Coding of odour and space in the hemimetabolous insect Periplaneta americana. The Journal of experimental biology. 2020
  • Takahashi N, Nishino H, Domae M, Mizunami M. Separate but interactive parallel olfactory processing streams governed by different types of GABAergic feedback neurons in the mushroom body of a basal insect. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience. 2019
  • Domae M, Iwasaki M, Mizunami M, Nishino H. Functional unification of sex pheromone-receptive glomeruli in the invasive Turkestan cockroach derived from the genus Periplaneta. Neuroscience letters. 2019. 708. 134320
  • Nishino H, Domae M, Takanashi T, Okajima T. Cricket tympanal organ revisited: morphology, development and possible functions of the adult-specific chitin core beneath the anterior tympanal membrane. Cell and tissue research. 2019. 377. 2. 193-214
  • Watanabe H, Koike Y, Tateishi K, Domae M, Nishino H, Yokohari F. Two types of sensory proliferation patterns underlie the formation of spatially tuned olfactory receptive fields in the cockroach Periplaneta americana. The Journal of comparative neurology. 2018. 526. 16. 2683-2705
もっと見る
MISC (20件):
  • 宇賀神篤, 西野浩史, 尾崎克久. ナミアゲハのメス成虫における「ミカンの葉の味」に反応する脳領域の解析. 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨. 2019. 63rd. 43
  • 小松 正宏, 増谷 直輝, 栗原 啓伍, 西野 浩史. 高速道路の飛来虫対策に関する研究. 「野生生物と交通」研究発表会講演論文集. 2018. 17. 41-46
  • 西野浩史, 渡邉英博. 昆虫の生物音響学 振動・聴覚受容器のかたちとはたらき. 昆虫と自然. 2015. 50. 10. 4-8,1(1)
  • 高梨琢磨, 深谷緑, 小池卓二, 西野浩史. 生物音響学の最前線-生物ソナー,聴覚と工学的応用 昆虫における振動情報の機能解明と害虫防除への応用. 生物科学. 2013. 65. 2. 102-107,65(1)
  • 西野 浩史. 第32回大会印象記. 比較生理生化学. 2010. 27. 3. 96-97
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (11件):
  • バイオとナノの融合I 新生命科学の基礎 「進化がうみだしたもうひとつの耳-昆虫の聴覚器官研究の最前線-」
    北海道大学出版会 2007
  • 比較生理生化学
    2007
  • 昆虫ミメティクス〜昆虫の設計に学ぶ〜第2編第9節
    2008
  • 昆虫ミメティクス〜昆虫の設計に学ぶ〜第2編第22節
    NTS 2008
  • Biophilia
    アドスリー 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (149件):
  • コオロギの死にまね行動
    (日本動物学会中国四国支部会報 1991)
  • コオロギ死にまね行動の神経機構
    (日本動物学会中国四国支部会報 1992)
  • コオロギ死にまね行動をひきおこす感覚入力
    (日本動物学会大会予稿集 1993)
  • コオロギ死にまね中の運動出力
    (日本動物学会大会予稿集 1994)
  • コオロギ死にまね行動の誘発に関与する弦状器官の性質
    (日本動物学会大会予稿集 1995)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (岡山大学)
委員歴 (2件):
  • 2015 - 現在 日本比較生理生化学会 評議員・編集委員
  • 2007 - 2008 日本比較生理生化学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2011/09 - 日本動物学会 成茂科学振興賞 昆虫の擬死の神経メカニズムの解明
  • 2003/07 - 吉田奨励賞 コオロギ死にまね行動の神経機構
所属学会 (3件):
国際神経行動学会 ,  日本動物学会 ,  日本比較生理生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る