研究者
J-GLOBAL ID:200901004488775042   更新日: 2022年10月17日

齋藤 和博

サイトウ カズヒロ | Saito Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 主任教授
研究分野 (1件): 放射線科学
研究キーワード (2件): 造影剤 ,  liver imaging
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 膵癌,胆道癌の肝転移評価のためのMRI検査にメタボロミクスを併用することの有効性
  • liver specific contrast material
  • Diagnostic Liver Imaging
論文 (169件):
  • Chishio Kurata, Kazuhiro Saito, Natsuhiko Shirota, Yoichi Araki, Katsutoshi Sugimoto, Yu Tajima, Daisuke Yunaiyama. The feasibility of superparamagnetic iron oxide-enhanced magnetic resonance imaging for assessing liver lesions in patients with contraindications for iodine CT contrast media or gadolinium-based MR contrast media: a retrospective case-control study. Quantitative Imaging in Medicine and Surgery. 2022. 12. 9. 4612-4621
  • Reiji Kokubo, Masaharu Hirano, Yu Tajima, Daisuke Yunaiyama, Kazuhiro Saito. Effects of β-blocker administration on cardiac function: a coronary computed tomography angiography study. Current medical imaging. 2022
  • Kei Takase, Tomohiro Itonaga, Ryuji Mikami, Ryokichi Irisawa, Kazuhiro Saito. Dosimetric Superiority of High-Dose-Rate (HDR) Brachytherapy Using a Surface Mold Applicator for Primary Cutaneous Angiosarcoma of the Scalp. Cureus. 2022. 14. 5. e25056
  • Daisuke Yoshimaru, Yoich Araki, Chifumi Matsuda, Natsuhiko Shirota, Yu Tajima, Shuhei Shibukawa, Katsutoshi Murata, Dominik Nickel, Kazuhiro Saito. Evaluation of liver tumor identification rate of volumetric-interpolated breath-hold images using the compressed sensing method and qualitative evaluation of tumor contrast effect via visual evaluation. Quantitative imaging in medicine and surgery. 2022. 12. 5. 2649-2657
  • Park Jinho, Yamada Takafumi, Sanada Tomohide, Masuno Ryuhei, Wakabayashi Yukari, Saito Kazuhiro, Ikeda Norihiko, Enomoto Ai, Matsubayashi Jun. 肺腫瘍のかたち 気管支内腫瘍(Endobronchial Tumors). 日本医学放射線学会学術集会抄録集. 2022. 81回. S162-S162
もっと見る
MISC (134件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • 子宮頸癌術後放射線治療の標的体積の検討
    (Japanese Journal of Radiology 2020)
  • 肝内血管異常を主徴候としたオスラー病の1例
    (日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2020)
  • 舌に発生したSolitary Fibrous Tumorの1例
    (Japanese Journal of Radiology 2020)
  • 診断に針生検が有用であった黄色肉芽腫性腫瘤の1例
    (日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2019)
  • Sinonasal teratocarcinosarcomaの1例
    (Japanese Journal of Radiology 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1994 東京医科大学 医学研究科 放射線医学
  • - 1994 東京医科大学
  • - 1990 東京医科大学 医学部 医学科
  • - 1990 東京医科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京医科大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 東京医科大学 放射線医学分野 主任教授
  • 2010/05 - 2018/03 東京医科大学 放射線医学分野 准教授
  • 2006/02 - 2010/04 東京医科大学 放射線科 講師
  • 2002/06 - 2006/01 東京医科大学霞ケ浦病院 放射線科 講師
  • 1997 - 2002/05 東京医科大学 放射線医学教室 助手
全件表示
所属学会 (2件):
インターベンシュナルラジオロジー学会 ,  日本医学放射線学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る