研究者
J-GLOBAL ID:200901004810729485   更新日: 2020年01月16日

中井 啓

ナカイ ケイ | Nakai Kei
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 放射線科学 ,  脳神経外科学 ,  リハビリテーション科学・福祉工学
研究キーワード (7件): ホウ素中性子捕捉療法 ,  グリオーマ、神経膠腫 ,  Drug Delivery System ,  Brain Machine Interface ,  嚥下障害 ,  神経リハビリテーション ,  地域連携
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2019 BNCTに用いるホウ素化合物のin vivo濃度定量法の確立及び薬物動態の把握
  • 2018 - 2022 小型加速器中性子線源による病院内BNCT治療のための基礎的・臨床的研究
  • 2014 - 2017 病院併設BNCTにむけた血液・組織内ホウ素分析手法の最適化
  • 2012 - 2015 頸部装着型機器による嚥下機能評価と食事介助支援装置の実用化
  • 2011 - 2014 血管内皮選択的BNCTを用いた脳血管再狭窄予防法の開発
全件表示
論文 (167件):
  • Sekino, Yuta; Okumura, Toshiyuki; Fukumitsu, Nobuyoshi; Iizumi, Takashi; Numajiri, Haruko; Mizumoto, Masashi; Nakai, Kei; Nonaka, Tetsuo; Ishikawa, Hitoshi; Sakurai, Hideyuki. Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma associated with inferior vena cava tumor thrombus. Journal of cancer research and clinical oncology. 2019. 1-10
  • 石川 仁;中井 啓;野中 哲生;櫻井, 英幸. がん治療におけるParticle Therapyの現状と展望. 癌と化学療法. 2019. 46. 8. 1219-1225
  • 上妻行則;山本哲哉;石川栄一;吉田文代;阿久津博義;松田真秀;中井, 啓;鶴田和太郎;高野晋吾;松村, 明;二宮治彦. 顕微鏡下脳神経外科手術で用いられる人工髄液は血小板活性化を増幅させ、止血促進に寄与する. 日本血栓止血学会誌. 2015. 26. 2. 222
  • Sekino, Y.;Okumura, T.;Fukumitsu, N.;Iizumi, T.;Miyauchi, D.;Mizoguchi, N.;Murofushi, K.;Ohnishi, K.;Mizumoto, M.;Nonaka, T.;Nakai, K.;Ishikawa, H.;Tsuboi, K.;Sakurai, H. Utility of FIB-4 index for hepatocellular carcinoma patients treated with proton beam therapy. RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY. 2019. 133. 1. S771-S772
  • SY, Taskaev;VV, Kanygin;VA, Byvaltsev;AA, Zaboronok;OYu, Volkova;LV, Mechetina;AV, Taranin;AI, Kichigin;AI, Iarullina;IA, Eliseenko;K, Nakai;E, Sato;T, Yamamoto;E, Ishikawa;Matsumura, A. Opportunities for using an accelerator-based epithermal neutron source for boron neutron capture therapy. Biomed Eng. 2018. 52. 2. 73-76
もっと見る
特許 (1件):
  • 「ホウ素クラスター修飾PEG脂質誘導体およびこれを用いた分子集合体」
書籍 (9件):
  • 混合熱・熱外中性子を用いた悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法
    (編集)田淵一雄,白石哲也.ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療 九州大学出版会,福岡 2002
  • 膠芽腫に対する中性子捕捉療法
    脳神経外科・医学書院 2008
  • Boron neutron capture therapy for newly-diagnosed glioblastoma: a pilot study in Tsukuba.
    Proceedings of 13th International Congress of Neutron Capture Therapy (Eds)Zonta A, Altieri S, Roveda L, Barth R. “A new opinion against cancer” 2008
  • Feasibility of boron neutron capture therapy for malignant spinal tumor.
    Proceedings of 13th International Congress of Neutron Capture Therapy (Eds)Zonta A, Altieri S, Roveda L, Barth R. “A new opinion against cancer” 2008
  • 陽子線治療
    NS NOW 7低侵襲時代の頭蓋底手術 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (64件):
  • Feasibility of boron neutron capture therapy for malignant spinal tumors
    (13th International Congress on Neutron Capture Therapy 2008)
  • Synthesis and evaluation of a novel liposome containing BPA-peptide conjugate for BNCT
    (13th International Congress on Neutron Capture Therapy 2008)
  • T2 corrected quantification method of L-p-boronophenylalanine using proton magnetic resonance spectroscopy for boron neutron capture therapy
    (13th International Congress on Neutron Capture Therapy 2008)
  • 中枢神経原発性悪性リンパ腫と髄膜腫が腫瘍内に併存していた一例
    (第105回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 東京2008.4____ 2008)
  • 嚥下造影検査と高解像度マノメトリーとの同時記録による嚥下音の検討
    (第37回日本嚥下医学会学術総会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1988 - 1994 群馬大学 医学部
  • 2001 - 2005 筑波大学 人間総合科学研究科 機能制御医学専攻
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (8件):
  • 1994/06/01 - 2000/03/30 筑波大学附属病院 レジデント
  • 2000/04/01 - 2002/03/31 栃木県厚生連 JA塩谷総合病院 医長待遇
  • 2002/04/01 - 2003/03/31 筑波記念病院 医員
  • 2003/04/01 - 2005/09/30 那珂中央病院 医長
  • 2005/10/01 - 2007/04/15 筑波大学 産学官連携研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2006/10/13 - フェアチャイルド賞
所属学会 (9件):
日本中性子捕捉療法学会 ,  日本放射線腫瘍学会 ,  日本脳神経外科学会 ,  日本リハビリテーション医学会 ,  日本てんかん外科学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本定位・機能神経外科学会 ,  日本脳卒中の外科学会 ,  日本脳卒中学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る