研究者
J-GLOBAL ID:200901005427206688   更新日: 2020年01月08日

佐伯 圭吾

サエキ ケイゴ | Keigo Saeki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.naramed-u.ac.jp/~epi/
研究分野 (2件): 疫学・予防医学 ,  内科学一般(含心身医学)
研究キーワード (11件): 温熱環境 ,  疫学 ,  冬季過剰死亡 ,  血圧 ,  皮膚温 ,  住環境 ,  サーカディアンリズム ,  時間生物学 ,  生体リズム ,  睡眠 ,  白内障
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 難治性疾患等政策研究事業(難治性血管炎に関する調査研究班)
  • 2016 - 2019 夏の室温上昇は睡眠障害・夜間血圧上昇と関連するか?
  • 2015 - 2019 青年・壮年・中年期の光曝露が生体リズムと睡眠の質に及ぼす影響に関する疫学研究
  • 2015 - 2018 パーキンソン病とサーカディアンリズムに関する大規模調査
  • 2015 - 2019 光曝露がサーカディアンリズム関連疾患に及ぼす影響に関する縦断研究
全件表示
論文 (63件):
  • 山上優紀、佐伯圭吾、田井義彬、前川妙子、岩本淳子、形岡博史、車谷典男、大林賢史. Objectively Measured Physical Activity Relates to Nighttime Blood Pressure in Older Adults: Cross-Sectional Analysis in the HEIJO-KYO Cohort. J Hypertens (in press). 2019
  • 田井義彬、佐伯圭吾、山上優紀、吉本清巳、車谷典男、西尾健治、大林賢史. Association between Timing of Hot Water Bathing before Bedtime and Night-/Sleep-Time Blood Pressure and Dipping in the Elderly: A Longitudinal Analysis for Repeated Measurements in Home Settings. Chronobiol Int (in press). 2019
  • 小松雅代、大林賢史、冨岡公子、森川将行、城島哲子、岡本希、車谷典男、佐伯圭吾. The Interaction Effect between Physical and Cultural Leisure Activity on the Subsequent Decline of Instrumental ADL: The Fujiwara-kyo Study. Environ Health Prev Med (in press). 2019
  • 吉川匡宣、大林賢史、宮田季美恵、西智、上田哲生、車谷典男、佐伯圭吾、緒方奈保子. Cataracts and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Older Adults: A Cross-Sectional Study of the HEIJO-KYO Cohort. Circ J. 2019. 83. 10. 2044-2048
  • 吉川匡宣、大林賢史、宮田季美恵、佐伯圭吾、緒方奈保子. Increased Nighttime Blood Pressure in Patients with Glaucoma: Cross-Sectional Analysis of the LIGHT Study. Ophthalmology. 2019. 126. 10. 1366-1371
もっと見る
MISC (5件):
特許 (4件):
  • 血圧測定装置及び血圧測定方法並びに睡眠状態測定装置及び睡眠状態測定方法
  • 生体リズムの推定方法及び装置
  • 光曝露量測定装置、サーカディアンリズム測定装置、およびこれらの利用
  • 生体リズムの測定方法および生体リズム測定装置
書籍 (9件):
  • 職業性石綿ばく露と石綿関連疾患-基礎知識と労災補償-(森永謙二編)
    三信図書 2002
  • ILO産業安全保健エンサイクロペディア(労働科学研究所監訳, 第3巻)
    労働調査会 2003
  • 医療事故の予見的対策-医療のFMEA実践ガイド-(久繁哲徳・車谷典男監訳 )
    じほう 2004 ISBN:4840733597
  • 介護する人の健康をまもるQ&A(車谷典男編)
    ミネルヴァ書房 2005 ISBN:4623043525
  • 疫学辞典(Miquel Porta編, 第5版)
    日本公衆衛生協会 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (126件):
  • An Inadequately Heated Environment Increases Morning Blood Pressure and Morning Blood Pressure Surge in Winter: A Randomized Controlled Trial.
    (American Heart Association Scientific Session 2010 2010)
  • Nighttime Physiological Melatonin Levels are Inversely Associated with Nocturnal Systolic Blood Pressure and Nocturnal Hypertension among the Elderly
    (European Society of Hypertension Annual Meeting 2011 2011)
  • Nighttime Urinary Melatonin Excretion Rate Is Inversely Associated With Nocturnal Hypertension and Non-Dipper Pattern among the Elderly: The HEIJO-KYO Cohort
    (European Society of Cardiology Congress 2011 2011)
  • The Influence of Exposed Temperature and Physical Activity on Morning Blood Pressure Surge.
    (European Society of Hypertension Annual Meeting 2012 2012)
  • Inverse Dose-response Association between Urinary Melatonin Excretion and Nocturnal Systolic Blood Pressure in the Elderly: The HEIJO-KYO Cohort
    (European Society of Cardiology Congress 2012 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1999 - 自治医科大学医学部医学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(医学)
委員歴 (13件):
  • 2017 - 現在 日本疫学会 代議員
  • 2017 - 現在 日本公衆衛生学会 代議員
  • 2018 - 現在 日本衛生学会 評議員
  • 2016 - 現在 日本時間生物学会 評議員
  • 2019 - 現在 橿原市総合政策審議会 委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015 - 日本公衆衛生学会 奨励賞
  • 2005 - 厚生労働統計協会 川井記念賞
所属学会 (9件):
日本疫学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本時間生物学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本睡眠学会 ,  日本内科学会 ,  日本プライマリ・ケア連合学会 ,  米国睡眠学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る