研究者
J-GLOBAL ID:200901007039605450   更新日: 2020年11月16日

猪口 真大

イノグチ マサヒロ | Inoguchi Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 経済政策 ,  経済政策 ,  金融、ファイナンス
研究キーワード (1件): 開発金融、国際金融、途上国・新興国の金融システムと金融政策、国際資本移動
論文 (16件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • The Impact of External Shocks on Stock Prices in the East Asian Domestic Banking Sector. In "Risk Management Post Financial Crisis: A Period of Monetary Easing" (Co-editors: Jonathan A. Batten and Niklas F. Wagner), Contemporary Studies in Economic and Fi
    Emerald 2014
  • 「新興国の資本流出入とグローバル・ショック」, 『グローバル・マネーフローの実証分析-金融危機後の新たな課題』 第7章
    ミネルバ書房 2014
  • 「世界金融危機とアジア諸国の株式市場」, 『過剰流動性とアジア経済』 第2章
    日本評論社 2013
  • 「2000年代ASEAN4カ国の金融環境とグローバル金融危機」, 『グローバル金融危機と途上国経済の政策対応』第3章
    アジア経済研究所 2013
  • 「流動性の変化がアジアの資本市場に与える影響」, 『日本の金融問題-検証から解決へ』(郵政研究叢書)に所収
    日本評論社 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • Factors causing capital flows in emerging economies
    (Western Economic Association International 2017)
  • The influence of foreign capital flows on long-term interest rates in emerging economies: a comparison with advanced economies
    (日本経済学会2015年春季大会 2015)
  • The influence of foreign capital flows on long-term interest rates: The difference between advanced and emerging economies
    (The 14th International Convention of the East Asian Economic Association 2014)
  • Factors causing capital flows in emerging economies
    (日本金融学会2014年秋季大会 2014)
  • The Complementary Impact of Life and Nonlife Insurance Activity on Economic Development.
    (Asia Pacific Risk and Insurance Association Annual Conference 2012. 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 神戸大学
  • 一橋大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (一橋大学)
経歴 (3件):
  • 2004 - 2015 京都産業大学 専任講師・准教授
  • 2010 - 2011 オーストラリア国立大学 客員フェロー
  • 1996 - 1997 日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)
受賞 (1件):
  • 2005/10 - アジア太平洋フォーラム・淡路会議 第4回 井植記念 ・ アジア太平洋研究賞
所属学会 (3件):
東アジア経済学会 ,  日本金融学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る