研究者
J-GLOBAL ID:200901007736624683   更新日: 2020年05月13日

SAALER SVEN

サーラ スヴェン | Sven Saaler
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 上智大学  グローバル・スタディーズ研究科   グローバル・スタディーズ研究科グローバル社会専攻主任
ホームページURL (1件): http://www.japanesehistory.de
研究分野 (2件): 国際関係論 ,  日本史
研究キーワード (17件): 近現代日本史 ,  黒龍会 ,  記憶 ,  ドイツ ,  アジア主義 ,  歴史認識 ,  ソ連 ,  銅像 ,  東亜同文会 ,  戦間期日本 ,  歴史教科書問題 ,  儀式的教育 ,  歴史記憶 ,  日独関係史 ,  デモクラシー運動 ,  日本 ,  文化
論文 (93件):
  • SAALER SVEN. Japanese Empire and Pan-Asianism. Oxford Research Encyclopedia in Asian History. 2019
  • SAALER SVEN. Dynamische Gesellschaft, konservative Politik. GATE-Germany (ed.), Länderprofil Japan. 2019. 8-11
  • SAALER SVEN. 21世紀の反知性主義の諸相. 危機の時代と「知」の挑戦 (An Era of Crises and Responses of Intellectuals). 2018. 192-228
  • SAALER SVEN. Public Statuary and Nationalism in Modern and Contemporary Japan. The Asia-Pacific Journal/Japan Focus. 2017. 15. 3
  • SAALER SVEN. ドイツ東洋文化研究協会(OAG)の東アジア研究」(The German East Asiatic Society’s research on East Asia), with Christian W. Spang. 工藤章, 田嶋信雄編『ドイツと東アジア 一八九〇-一九四五』(Germany and East Asia, 1890-1945). The University of Tokyo Press. 2017. 701-733
もっと見る
MISC (8件):
  • SAALER SVEN. Aufstieg zur Kolonialmacht. Das imperiale Japan. Damals. 2019. 16-21
  • SAALER SVEN. 特別インタヴュー:政党系財団づくりこそ政策論争活発化の第一歩にになる. 『改革者』. 2017. 10-15
  • SAALER SVEN. Die Arbeit der FES in Japan (The Activities of the Friedrich-Ebert-Foundation in Japan). Sven Saaler (ed.), Zivilgesellschaftlicher Dialog zwischen Japan und Deutschland / 日独政治対話の歩み (in German and Japanese). 2017. 41-64
  • SAALER SVEN. “Militär ja, Flüchtlinge nein.” Japans eigenwillige Interpretation von internationaler Verantwortung (“Military forces yes, refugees no.” Japan’s curious interpretation of international responsibility). Internationale Politik und Gesellschaft. 2015
  • SAALER SVEN. Tawara Yoshifumi: “The Abe Government and the 2014 Screening of Japanese Junior High School History Textbooks” (translation of 安部政権と2014年度中学歴史教科書検定). The Asia-Pacific Journal (Japan Focus). 2015. 13, Issue. 16. 2
もっと見る
書籍 (15件):
  • Men in Metal. A Topography of Personality Cult in Modern Japan.
    Brill 2020
  • 危機の時代と「知」の挑戦 (下)
    Ronsôsha 2018
  • 日独政治対話の歩み
    2017
  • プロイセン・ドイツが観た幕末日本 : オイレンブルク遠征団が残した版画、素描、写真
    Iudicium 2011 ISBN:9783862051373
  • 第一次世界大戦後の日独関係におけるドイツ東洋文化研究協会(OAG)の役割. In: 杉田米行編、『1920年代の日本と国際関係 - 混沌を越えて「新しい秩序」へ』
    2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 150年前のプロシア・ドイツ使節団が観た日本 (Japan Seen Through the Eyes of Members of the German Diplomatic Mission to Japan 150 Years Ago)
    (“プロイセン-ドイツが観た幕末日本-1860・61年のオイレンブルグ遠征団が残した版画、素描、写真” 2011)
  • 植民地統治と個人崇拝:日本とドイツの植民地における銅像
    (国際シンポジウム「東アジアにおける日本と台湾:日本研究の新視点を求めて」 2010)
  • 植民地統治と個人崇拝:日本とドイツの植民地における銅像
    (国際シンポジウム「東アジアにおける知的体系の再構築。日本と中国の視座」 2010)
  • ドイツ人の日本観-明治・大正期、在日ドイツ人研究者の著書から
    (明治神宮国際神道文化研究所・第三回国際神道文化研究会 2009)
  • 西洋人の日本観-OAGドイツ東洋文化研究協会の業績 展覧会記念講演
    (奈良県立図書情報館 2009)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1995 - 1999 ボン大学 文学研究科 史学専攻
学位 (1件):
  • 博士(文学) (ボン大学)
経歴 (5件):
  • 2005/04/01 - 2008/09/20 東京大学 准教授
  • 2004/01/01 - 2005/03/31 ドイツ日本研究所 人文科学研究部長
  • 2000/11/01 - 2003/12/31 ドイツ日本研究所 研究員
  • 1999/04/01 - 2000/10/31 マールブルグ大学 講師
  • 1998/04/01 - 1999/03/31 金沢大学経済学部 講師
所属学会 (1件):
European Association for Japanese Studies (EAJS)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る