研究者
J-GLOBAL ID:200901008543531277   更新日: 2020年08月31日

長谷川 珠代

ハセガワ タマヨ | Hasegawa Tamayo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (1件): ケアする人のケア,障がい児家族,父親,専門職ケア,アート
論文 (23件):
  • 関谷菜摘, 長谷川珠代, 塩満智子, 湯川裕美, 蒲原真澄, 鶴田来美. 中学生の性行動と自己肯定意識の変化に関する研究-思春期ピアカウンセリングの有用性-. 思春期学. 2018. 36. 1. 164-172
  • 塩満智子, 蒲原真澄, 田邉綾子, 長谷川珠代, 鶴田来美. 事務的職業に従事する壮年期・中年期労働者の運動習慣及び体力と転倒に関する意識. 日本健康医学会雑誌. 2016. 25. 2. 107-113
  • 田邉綾子, 鶴田来美, 長谷川珠代, 蒲原真澄, 塩満智子. 思春期ピアカウンセリング講座を受講した高校生の友人との人間関係構築に関する認識. 日本公衆衛生看護学会誌. 2016. 5. 3. 259-265
  • 長谷川珠代, 鶴田来美. 看護師のストレスおよび対処方法の実態. 日本看護学会論文集. 2015. 45. 169-172
  • 田邉綾子, 長谷川珠代, 鶴田来美. 中規模事業場におけるメンタルヘルス 対策と労働者の職場復帰支援に関する認識. 日本健康医学会雑誌. 2015. 24. 2. 145-153
もっと見る
書籍 (3件):
  • 平成18年度~平成19年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書
    2010
  • 平成16~18年度科学研究費補助金若手(B)研究成果報告書 ケアする人を支えるヘルスケア・アートプログラムの開発と地域ケアシステムの構築
    2007
  • 平成14-16年度科学研究費補助金基盤研究C(2)研究成果報告書
    2005
講演・口頭発表等 (41件):
  • 初婚カップルのための親の準備支援プログラムの実施と評価
    (EAFONS 2020 2020)
  • 地域と大学の連携・協働による「初産婦夫婦への妊娠期からの子育て支援」実践報告
    (第60回日本母性衛生学会学術集会 2019)
  • 「子どもといる生活支援」として大学の施設を活用し地域に開かれた体験型両親・祖父母学級の実践報告
    (第60回日本母性衛生学会学術集会 2019)
  • Quality of Work Life among Public Health Nurses in Miyazaki, Japan
    (The 2017 International Nursing Conference “Ethics, Esthetics, & Empirics in Nursing: Driving Forces for Better Health” 2017)
  • The relationship between mental health measures for employees expected from employers and category of industry
    (48th Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health Conference 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 琉球大学大学院保健学研究科 保健学修士 (琉球大学)
所属学会 (5件):
日本地域看護学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本ヘルスプロモーション学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本健康運動看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る