研究者
J-GLOBAL ID:200901009173548783   更新日: 2019年12月27日

末岡 榮三朗

スエオカ エイザブロウ | SUEOKA Eisaburo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 内科学一般(含心身医学) ,  血液内科学
研究キーワード (4件): 血液腫瘍の分子生物学的解析 ,  発がんプロモーションの機序 ,  成人T細胞白血病・リンパ腫 ,  肺発がん機構の解析
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2018 ATLの感染細胞特異的なエピジェネティック変化と治療戦略への応用
  • がんの新しい分子バイオマーとしてのhnRNP B1
  • ATLの発症機構に基づいた治療法の開発
  • 国内完結型がんクリニカルシークエンスの社会実装と統合データベース構築およびゲノム医療人材育成に関する研究開発
論文 (27件):
  • Okamoto S, Ureshino H, Kidoguchi K, Kusaba K, Kizuka-Sano H, Sano H, Nishioka A, Yamaguchi K, Kamachi K, Itamura H, Yoshimura M, Yokoo M, Shindo T, Kubota Y, Ando T, Kojima K, Kawaguchi A, Sueoka E, Kimura S. Clinical impact of the CONUT score in patients with multiple myeloma. Annals of hematology. 2019
  • Yamaguchi M, Inomata S, Harada S, Matsuzaki Y, Kawaguchi M, Ujibe M, Kishiba M, Fujimura Y, Kimura M, Murata K, Nakashima N, Nakayama M, Ohe K, Orii T, Sueoka E, Suzuki T, Yokoi H, Takahashi F, Uyama Y. Establishment of the MID-NET® medical information database network as a reliable and valuable database for drug safety assessments in Japan. Pharmacoepidemiology and drug safety. 2019. 28. 10. 1395-1404
  • Kamachi K, Kubota Y, Nagaie T, Yamaguchi K, Ogusu S, Kidoguchi K, Kusaba K, Kizuka-Sano H, Nishioka A, Yoshimura M, Yokoo M, Ando T, Kai K, Kojima K, Ohshima K, Sueoka E, Kimura S. Primary Chest Wall MYC/BCL6 Double-hit Lymphoma with t (3;7) (q27;p12) and t (8;14) (q24;q32) Translocations. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019. 58. 14. 2073-2077
  • Sueoka E, Watanabe T, Mashima T, Shirakami Y, Komori A, Matsuo K, Yoshikawa HY, Cho KA, Park TJ, Seimiya H, Kim EG, Suganuma M, Chung J. Meeting report of the 14th Japan-Korea joint symposium on cancer and aging research: current status of translational research and approaches to precision medicine. Journal of cancer research and clinical oncology. 2019. 145. 5. 1263-1271
  • Yamada K, Itoh M, Fujimura Y, Kimura M, Murata K, Nakashima N, Nakayama M, Ohe K, Orii T, Sueoka E, Suzuki T, Yokoi H, Ishiguro C, Uyama Y, MID-NET® project group. The utilization and challenges of Japan's MID-NET® medical information database network in postmarketing drug safety assessments: A summary of pilot pharmacoepidemiological studies. Pharmacoepidemiology and drug safety. 2019. 28. 5. 601-608
もっと見る
MISC (25件):
  • 末岡 榮三朗, 柘植 薫, 中村 秀明, 佐藤 明美, 渡邊 達郎. 沖縄・九州から発信するHTLV-1感染症研究 HTLV-1感染症に対する総合的診療体制の構築. 臨床病理. 2019. 67. 8. 867-871
  • 米村 雄士, 松本 雅則, 稲田 英一, 上田 恭典, 大石 晃嗣, 久保 隆彦, 熊川 みどり, 末岡 榮三朗, 園木 孝志, 長井 一浩, 藤島 直仁, 松下 正, 日本輸血・細胞治療学会ガイドライン委員会赤血球製剤の使用指針策定に関するタスクフォース. 科学的根拠に基づいた赤血球製剤の使用ガイドライン(改訂第2版). 日本輸血細胞治療学会誌. 2018. 64. 6. 688-699
  • 末岡 榮三朗. 加速するIoTの医療進展 ICT/IoTの導入が病院にもたらすもの. 新医療. 2018. 45. 11. 114-117
  • 末岡 榮三朗, 佐藤 明美, 中村 秀明, 藤井 進. 【医療情報が紡ぐ『いのち・ヒト・夢』】(いのち)医療情報が救ういのち-リアルワールドデータからプレシジョンメディシンへ- ビッグデータと個人を繋ぐ基盤整備. 医療情報学. 2018. 38. 1. 27-27
  • 藤井 進, 野中 小百合, 山田 クリス孝介, 加藤 省吾, 森川 和彦, 矢作 尚久, 末岡 榮三朗, 阪本 雄一郎. 異なるPHRシステム連携における問題と課題の考察. 医療情報学連合大会論文集. 2017. 37回. 588-591
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1984 佐賀医科大学 医学部 医学
学位 (1件):
  • 医学博士 (*佐賀医科大学*)
所属学会 (11件):
日本臨床腫瘍学会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本がん分子標的治療学会 ,  日本臨床化学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本輸血・細胞治療学会 ,  アメリカ癌学会 ,  日本癌学会 ,  日本血液学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る