研究者
J-GLOBAL ID:200901010474611535   更新日: 2018年11月21日

福田 恵一

フクダ ケイイチ | FUKUDA KEIICHI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://cardioweb.cpnet.med.keio.ac.jp/http://cardioweb.cpnet.med.keio.ac.jp/
研究分野 (1件): 循環器内科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 骨髄細胞を用いた心不全の細胞移植治療
  • 2003 - 2004 心筋細胞の再生法の確立と心筋細胞移植
  • 2002 - 2005 胚性幹細胞(ES細胞)を用いた心筋細胞の再生と細胞移植による心不全治療
  • 2002 - 2005 G-CSFを用いた骨髄多能性幹細胞
  • 2002 - 2005 再生心筋細胞大量生産化のための基盤技術の開発
全件表示
論文 (474件):
  • Yashima Fumiaki, Hayashida Kentaro, Fukuda Keiichi. Delivery balloon-induced ascending aortic dissection. Catheterization and Cardiovascular Interventions. 2015
  • Ishiguro Haruhisa, Kataoka Masaharu, Inami Takumi, Shimura Nobuhiko, Yanagisawa Ryoji, Kawakami Takashi, Fukuda Keiichi, Yoshino Hideaki, Satoh Toru. Diversity of Lesion Morphology in CTEPHAnalyzed by OCT, Pressure Wire, andAngiography. JACC: Cardiovascular Imaging. 2015
  • Shinmura Ken, Tamaki Kayoko, Ito Kentaro, Yan Xiaoxiang, Yamamoto Tsunehisa, Katsumata Yoshinori, Matsuhashi Tomohiro, Sano Motoaki, Fukuda Keiichi, Suematsu Makoto, Ishii Isao. Indispensable role of endothelial nitric oxide synthase in caloric restriction-induced cardioprotection against ischemia-reperfusion injury. American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology. 2015. 308. 8. H894-H903
  • Aizawa Yoshiyasu, Negishi Masachika, Kashimura Shin, Nakajima Kazuaki, Kunitomi Akira, Katsumata Yoshinori, Nishiyama Takahiko, Kimura Takehiro, Nishiyama Nobuhiro, Fukumoto Kotaro, Tanimoto Yoko, Kohsaka Shun, Takatsuki Seiji, Fukuda Keiichi. Predictive factors of lead failure in patients implanted with cardiac devices. International Journal of Cardiology. 2015. 199. 277-281
  • Inohara Taku, Kohsaka Shun, Miyata Hiroaki, Ueda Ikuko, Hayashida Kentaro, Maekawa Yuichiro, Kawamura Akio, Numasawa Yohei, Suzuki Masahiro, Noma Shigetaka, Nishi Yutaro, Fukuda Keiichi. Real-World Use and Appropriateness of Coronary Interventions for Chronic Total Occlusion (from a Japanese Multicenter Registry). American Journal of Cardiology. 2015. 116. 6. 855-864
もっと見る
特許 (3件):
  • 多能性幹細胞の増殖方法
  • 幹細胞から心筋細胞を分化誘導する方法
  • 細胞シートを作製するための支持体をコーティングするための組成物、細胞シート作製用支持体及び細胞シートの製造方法
書籍 (9件):
  • 生活習慣と遺伝子疾患 心筋再生
    メディカルレビュー社 2002 ISBN:4896004876
  • '再生医療,ティシュエンジニアリング&生体材料最前線'
    日刊工業新聞社刊 2003
  • Mesenchymal Stem Cells: Biology and Potential Clinical Use
    'Madrid,Spain,Ministerio De Sanidad Y Consumo.' 2003
  • '内科増刊号91巻,内科キーワード2003'
    南江堂 2003
  • '内科増刊号91巻,内科キーワード2003'
    南江堂 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (220件):
  • 心筋肥大因子としてのサイトカインの役割;autocrine細胞増殖因子としてのLeukemia inhibitory factorについて
    (第18回心筋代謝研究会 1995)
  • Mitral Isthmus VTと考えられた1例
    (第161回日本循環器学会関東甲信越地方会 1996)
  • Mitral isthmus 心室頻拍と考えられた1例
    (第157回日本循環器学会関東甲信越地方会 1996)
  • 心肥大におけるJAK-STAT系を介したシグナル伝達 Angiotensi IIを介した活性化とシラザプリルの効果について
    (第3回シラザプリルシンポジウム 1996)
  • Angiotensin II はAT-1形質転換心筋細胞に肥大促進的ではなく細胞分裂促進的に働く
    (第19回心筋代謝研究会 1996)
もっと見る
Works (21件):
  • 急性心塞後大規模臨床試験VARIANTの結果を読む
    小室一成, 山崎力, 北風政史, <U>福田恵一</U>
  • 抗圧療法におけるトピックススと再生治療学の進歩
    小室一成, 金勝慶, <U>福田恵一</U>, 斉藤能彦, 松原弘明, 江頭健輔
  • 成体幹細胞を用いた心筋再生と細胞移植による心不全治療法の開発
    <U>福田恵一</U> 2003 -
  • 心筋の再生
    <U>福田恵一</U> 2003 -
  • 成体幹細胞を用いた心筋再生と細胞移植による心不全治療法の開発
    <U>福田恵一</U> 2003 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1987 慶應義塾大学 医学研究科
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
受賞 (5件):
  • 2003 - 慶應義塾大学医学部 慶應義塾大学医学部坂口光洋記念医学研究助成賞 成体幹細胞を用いた心筋細胞の再生と細胞移植による重症心不全に対する治療法の確立
  • 2003 - 日本医師会 日本医師会医学研究助成賞 骨髄細胞を用いた再生心筋細胞の開発と細胞移植による心不全治療法の開発
  • 2002/03 - 東京都医師会 東京都医師会医学研究賞 成体幹細胞を用いた心筋再生と細胞移植による心不全治療
  • 2001/09 - 国際胸部疾患学会 国際胸部疾患学会(ACCP)日本部会賞
  • 1999/06 - 慶應義塾大学医学部三四会 慶應義塾大学医学部三四会賞北島賞 心筋細胞より骨髄細胞への分化誘導法の確立
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る