研究者
J-GLOBAL ID:200901014864874168   更新日: 2020年01月10日

宇田川 誠一

ウダガワ セイイチ | UDAGAWA Seiichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 幾何学 ,  数学解析
研究キーワード (8件): リーマン幾何学 ,  大域解析学 ,  調和写像論 ,  可積分系 ,  極小曲面論 ,  調和写像 ,  対称空間 ,  トーラス
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2008 - 2008 定曲率空間における不変な等温面と一様分離曲面
  • 1997 - 1999 トーラスから対称空間への多重調和写像の構成と可積分系理論の応用
  • 1994 - 1996 対称空間への調和写像と可積分系理論の応用
  • 1993 - 1993 複素トーラスから対称空間への調和写像の研究
  • 1989 - 1991 ケーラー多様体からの多重調和写像の安定性、正則性及び、それらの構成と分解について
論文 (45件):
  • Holomorphicity of certain stable harmonic maps and minimal immersions. Proceedings of London Mathematical Society. 1988. 57. 577-598
  • Seiichi UDAGAWA and Yoshihiro OHNITA. Stability, complex-analyticity and constancy of pluriharmonic maps from compact Kaehler manifolds. Mathematische Zeitschrift. 1990. 205. 629-644
  • 第1チャーン類が正のコンパクト複素多様体から複素グラスマン多様体への多重調和写像の分類. 東北数学雑誌. 1994. 46. 367-391
  • Seiichi UDAGAWA and Yoshihiro OHNITA. Complex-analyticity of pluriharmonic maps and their constructions. Lecture Notes in Mathematics Springer-Verlag. 1990. 1468. 371-407
  • Pluriharmonic maps and minimal immersions of Kaehler manifolds. Journal of London Mathematical Society. 1988. 37. 375-384
もっと見る
書籍 (2件):
  • Tzitzeica 方程式の有限間隙解に付随した極小曲面の構成理論-Tzitzeica 方程式の楕円関数解を出発点として-
    九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 2017
  • エクセル統計学
    アイ・ケイ コーポレーション 2018
講演・口頭発表等 (17件):
  • 複素射影空間のケーラー部分多様体とスペクトル幾何について
    (日本数学会秋季総合分科会 1986)
  • ケーラー多様体から複素空間形への minimal immersionについて
    (日本数学会秋季総合分科会 1986)
  • コンパクト・リーマン surface からの安定調和写像について
    (日本数学会秋季総合分科会 1988)
  • 安定調和写像の正則性について
    (日本数学会秋季総合分科会 1988)
  • Pluriharmonic map の定値性、正則性及び安定性
    (日本数学会秋季総合分科会 1988)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1983 早稲田大学 理工学部 数学
  • - 1987 東京都立大学 大学院理学研究科 微分幾何学
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京都立大学)
経歴 (5件):
  • 1987/04 - 1988/04 日本大学医学部助手
  • 1988/05 - 2004/07 日本大学医学部専任講師
  • 2004/08 - 2007/03 日本大学医学部助教授
  • 2007/04 - 2012/10/31 日本大学医学部准教授
  • 2012/11/01 - 日本大学教授
委員歴 (1件):
  • 2001/07/01 - 2003/06/30 日本数学会 和文専門誌“数学”常任編集委員
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る