研究者
J-GLOBAL ID:200901014905026134   更新日: 2020年01月22日

石幡 直樹

イシハタ ナオキ | Ishihata Naoki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30125497.ja.html
研究分野 (3件): ヨーロッパ文学 ,  英文学、英語圏文学 ,  英語学
研究キーワード (30件): 自然観 ,  英文学 ,  マイノリティ ,  ジェンダー ,  エコクリティシズム ,  ロマン主義 ,  環境 ,  エコロジー ,  日系人収容所 ,  エスニシティ ,  レーザーディスク ,  ユスニシティ ,  クローズド・キャプション ,  環境意識 ,  エコロリティシズム ,  日系アメリカ人 ,  語学教材 ,  ビデオ教材 ,  イギリス・ロマン派 ,  環境批評 ,  フェミニズム ,  マルチ・メディア ,  アメリカ文学 ,  英米文学 ,  東洋 ,  植民地 ,  東方 ,  アイデンティティ ,  オリエンタリズム ,  異国趣味
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1995 - 現在 文学と環境
  • 1979 - 現在 イギリス・ロマン派文学
論文 (34件):
  • 石幡直樹. ウルストンクラフトの見た北欧の女性たち. 国際文化研究科論集. 2015. 23. 63-77
  • 石幡直樹. ウルストンクラフトとピクチャレスク. 国際文化研究科論集. 2014. 22. 33-44
  • Naoki Ishihata. The Romantic View of Nature Transferred to Japan. The 2009 CSMU International Conference on English and Japanese Language Teaching and Culture. 2009
  • 石幡直樹. 反ロマンスとしての『レイミア』. 国際文化研究科論集. 2008. 16
  • 石幡直樹. 24.喪失の森-ワーズワスとソローとロレンス. 英語青年. 2004. 150. 5. 279-281
もっと見る
MISC (11件):
  • 石幡直樹. Ted Hughes, 'River'-川は語らず流れるのみ、ウロボロスのように-. 英語青年・研究社. 2003
  • 石幡直樹. 第4回ASLE(文学・環境学会)国際大会報告. 英語青年・研究社. 2001
  • 石幡 直樹. メアリ・ウルストンクラフトの分別と多感. 英文學研究. 2000. 77. 1. 15-28
  • 石幡直樹. エコクリティシズムとジョンソン. 日本ジョンソン協会年報. 1998
  • 川崎 則子, 石幡 直樹, 大河内 昌, 大矢 玲子. 研究発表第十一室(日本英文学会第69回大会報告). 英文學研究. 1998. 74. 2. 313-314
もっと見る
書籍 (10件):
  • ウルストンクラフトの北欧からの手紙
    法政大学出版局 2012
  • オルタナティブ・ヴォイスを聴く
    2010
  • ロマンティック・エコロジーをめぐって
    2006 ISBN:4269711094
  • 地誌から叙情へ
    2004
  • 収容所ノート-ミツエ・ヤマダ作品集
    松柏社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • Ruskin and the Japanese Alps
    (Wordsworth Summer Conference 2006 2006)
  • エコクリティシズムの展望
    (日本学術振興会人文・社会科学振興プロジェクト 2005)
  • 希求のための喪失-アイロニーとしてのエコポエティックス
    (日本英文学会 2003)
  • 女としての自然
    (イギリス・ロマン派学会 2002)
  • 文学と環境-英文学は地球を救えるか
    (大阪大学大学院言語文化研究科 2002)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2011 - 東北大学 国際文化研究科 教授
委員歴 (4件):
  • 2011/04 - 現在 東北英文学会 理事
  • 2001/07 - 現在 実用英語検定協会 一級二次試験面接委員
  • 1997/04 - 現在 イギリス・ロマン派学会 理事
  • 2004/04 - 2006/03 独立法人日本学術振興会学術システム研究センター 専門研究員
受賞 (1件):
  • 1993/04 - 東北大学文学部英文学研究室 第30回青葉文学賞
所属学会 (4件):
文学・環境学会 ,  米国現代語学文学学会(The Modern Language Association of America) ,  日本英文学会 ,  イギリス・ロマン派学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る