研究者
J-GLOBAL ID:200901017563943651   更新日: 2021年10月08日

心光 世津子

シンミツ セツコ | Shimmitsu Setsuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 医療管理学、医療系社会学 ,  臨床看護学 ,  社会学
研究キーワード (14件): 哲学対話 ,  自己決定 ,  精神障害 ,  当事者 ,  リカバリー ,  セルフヘルプグループ ,  アディクション ,  精神看護学 ,  医療社会学 ,  medical sociology ,  addiction study ,  self-help group ,  psychiatry nursing ,  mental health
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 学際的アプローチによる精神科病棟看護における自己決定支援の視点・要件の可視化
  • 2012 - 2015 ポスト工業社会における男性の健康と医療化
  • 2011 - 2014 日本における精神障害からの「リカバリー」の包括的理解と支援のための実証的基礎研究
  • 2010 - 2012 超領域アプローチによる東アジアの高齢者ケアシステムの構築
  • 2010 - 2012 「生き方死に方を考える社会フォーラム」形成のための社会実験
全件表示
論文 (13件):
もっと見る
MISC (39件):
  • 心光 世津子. 特集よい論文とは?おもしろい論文とは?「素朴な疑問への答えを探し続けること」. 看護研究. 2016. 49. 6. 480-482
  • 山川 みやえ, 藤田 優一, 山田 正己, 伊藤 美樹子, 心光 世津子, 樋上 容子, 植木 慎悟, 山田 絵里, 渡邊 浩子, 牧本 清子. リスク・ベネフィットのバランスを評価した看護実践への挑戦 小児と高齢者看護のベストプラクティス. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2014. 34回. 468-468
  • Shimmitsu S, Hirano T, Yamanaka H. Why males have higher suicide rate in most countries? A review of quantitative research. International Journal of Evidence-Based Healthcare. 2013. 11. 3. 249
  • Shimmitsu S. The meaning of “recovery” from severe mental illness for psychiatric nurses in Japan. International Journal of Evidence-Based Healthcare. 2013. 11. 3. 248
  • 心光 世津子, 坂本 岳之, 山川 みやえ, 伊藤 美樹子, 牧本 清子. 臨床における研究・研究における臨床・橋渡し エビデンスに基づく看護実践の推進と課題. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2012. 32回. 181-181
もっと見る
書籍 (5件):
  • 必携!精神看護学実習ポケットブック 第2版
    精神看護出版 2019 ISBN:9784862940636
  • 必携! 精神看護学実習ポケットブック 増補版
    精神看護出版 2014 ISBN:4862940528
  • エビデンスに基づく看護実践のためのシステマティックレビュー
    日本看護協会出版会 2013 ISBN:4818017914
  • 医療化のポリティクス-近代医療の地平を問う (シリーズ社会問題研究の最前線)
    学文社 2006 ISBN:4762016020
  • 臨床文化の社会学-職業・技術・標準化
    昭和堂 2005 ISBN:4812204399
講演・口頭発表等 (52件):
  • ワークショップ「心のケアに携わる看護職・コメディカルを対象とした哲学カフェの実践と意味の探求」
    (日本精神保健看護学会第31回学術集会 2021)
  • Decision making support in daily lives for inpatients with mental illness by psychiatric nurses in Japan: A preliminary analysis
    (24th East Asian Forum of Nursing Scholars Conference 2021)
  • 初年次基礎教育におけるGoogleクラスルームを使用した小テストに対する学生からの評価:第2報
    (第40回日本看護科学学会学術集会 2020)
  • 初年次基礎教育におけるGoogleクラスルームを使用した小テストに対する学生からの評価:第1報
    (第40回日本看護科学学会学術集会 2020)
  • 市町村保健師が働き続けるための課題ー20年以上の経験を有する保健師の語りからー
    (日本精神保健看護学会第30回学術集会 2020)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2003 - 2006 大阪大学 人間科学専攻 博士後期課程
  • 2005 - 2005 Centre for Addiction and Mental Health, Visiting PhD Student
  • 2004 - 2004 Centre for Addiction and Mental Health, Visiting PhD Student
  • 2001 - 2003 大阪大学 人間科学専攻 博士前期課程
  • 2000 - 2001 大阪大学 科目等履修生
全件表示
学位 (3件):
  • 看護学士 (大阪大学)
  • 人間科学修士 (大阪大学)
  • 人間科学博士 (大阪大学)
経歴 (12件):
  • 2020 - 現在 愛知医科大学 看護学部 教授
  • 2015 - 2020 武庫川女子大学 看護学部 准教授
  • 2015 - 2018 大阪大学大学院 医学系研究科保健学専攻 招聘准教授
  • 2012 - 2015 大阪大学大学院 医学系研究科保健学専攻 招聘研究員
  • 2012 - 2015 国立精神・神経医療研究センター病院
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2021/05 - 現在 日本保健医療社会学会 理事
  • 2016/10 - 現在 大阪大学医療人文学研究会 事務局
  • 2016/04 - 現在 日本保健医療社会学会 編集委員会査読委員
  • 2017/05 - 2021/05 日本保健医療社会学会 評議員
  • 2015/10 - 2019/09 日本看護科学学会 和文誌専任査読委員
全件表示
所属学会 (9件):
日本社会学会 ,  日本精神保健看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本保健医療社会学会 ,  Japan Sociological Society ,  Japan Academy of Psychiatric and Mental Health Nursing ,  Japan Academy of Nursing Science ,  Japan Society of Health and Medical Sociology ,  日本医学哲学・倫理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る