研究者
J-GLOBAL ID:200901017625138025   更新日: 2019年05月21日

大倉 元宏

オオクラ モトヒロ | OHKURA Motohiro
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://cleo.ci.seikei.ac.jp
研究分野 (2件): 社会システム工学・安全システム ,  実験心理学
研究キーワード (2件): 人間工学 ,  バリアフリーデザイン
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2022 学融合的アプローチによる地域共生社会の実装スキームの確立と社会実践
  • 視覚障害者の歩行特性に関する研究
  • 視覚障害者の駅プラットホームから転落事故に関する研究
  • 弱視VDTユーザの作業実態に関する人間工学的調査
  • 視覚障害者用単独移動支援装置の開発と評価
論文 (7件):
MISC (22件):
書籍 (5件):
  • 現代労働衛生ハンドブック,障害者の労働,視覚障害者
    労働科学研究所 1988
  • 目の不自由な方にあなたの腕を貸してください-オリエンテーションとモビリティの理解-
    (財)労働科学研究所出版部 2000
  • 生産管理用語辞典
    日本規格協会 2002
  • 人間工学の百科事典
    丸善 2005
  • 視覚障がいの歩行の科学,安全で安心なひとり歩きをめざして
    コロナ社 2014
講演・口頭発表等 (24件):
  • 視覚遮断直進歩行における出発方向の手がかりと周囲音の影響
    (日本人間工学会第41回大会 2005)
  • GHSにおける危険有害性をあらわす絵表示と視覚障害者の理解
    (日本人間工学会第35回関東支部大会 2005)
  • 新しく開発した視覚障害者用道路横断帯における点状縦線突起の効果の検討
    (第31回感覚代行シンポジウム 2005)
  • 最近の情報技術と視覚障害者の認知度 -GHS導入に向けた化学品の危険有害性情報伝達手段の検討-
    (第31回感覚代行シンポジウム 2005)
  • 視覚障害歩行者の偏軌傾向と道路横断帯
    (第42回日本交通科学協議会総会学術講演会 2006)
もっと見る
Works (3件):
  • 弱視者のVDT作業に関する人間工学的調査研究
    1994 - 1997
  • 視覚障害者用道路横断帯の評価
    1998 - 2000
  • 視覚障がい者の駅プラットホームからの転落事例データベース
    大倉 元宏 2016 -
学位 (2件):
  • 工学博士 (日本大学)
  • 工学修士 (早稲田大学)
経歴 (3件):
  • 2007/04 - 2009/03 東京農業大学 非常勤講師
  • 2007/09 - 2014/03 武蔵野大学 非常勤講師
  • 成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 特別任用教授
委員歴 (9件):
  • - 現在 感覚代行研究会 理事
  • - 現在 日本交通科学学会 理事
  • 2017/08 - 2018/03 日本盲人会連合 視覚障害者が日常生活を送る上で必要な支援に関する調査研究委員長
  • 2017/07 - 2018/03 国土交通省 鉄道局 駅ホームにおける安全性向上のための検討会委員
  • 2017/04 - 2018/03 国土交通省 総合政策局 新型ホームドア等に対応する視覚障害者誘導用ブロックの敷設方法に関する調査検討委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2012/06 - 日本交通科学協議会 優秀論文賞
  • 1997 - OR事例研究奨励賞
  • 2003 - 日本人間工学会研究奨励賞
所属学会 (6件):
日本人間工学会 ,  日本経営工学会 ,  日本心理学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本OR学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る