研究者
J-GLOBAL ID:200901019215788319   更新日: 2019年12月18日

馬越 大

ウマコシ ヒロシ | UMAKOSHI Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.membranome.jp/B-ICE/
研究分野 (7件): ナノ材料・ナノバイオサイエンス ,  生物分子科学 ,  生体関連化学 ,  化工物性・移動操作・単位操作 ,  反応工学・プロセスシステム ,  触媒・資源化学プロセス ,  生物機能・バイオプロセス
研究キーワード (4件): Bio-Inspired化学工学 ,  Membranome ,  生体膜プロセス化学 ,  生物分離工学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 刺激応答型超分子集合体に関する研究
  • 環境調和型バイオ生産分離プロセスの設計・開発
  • 人工シャペロンの設計・開発とリフォールディングプロセスへの応用
  • 2003 - 人工酵素リポソームの設計開発
  • 2003 - Design and Development of Liposome-Based Separation/Sensor System
全件表示
論文 (111件):
  • Hayashi Keita, Morimoto Kazutoshi, Kamei Toshiyuki, Mieda Eiko, Ichikawa Sosaku, Kuroiwa Takashi, Fujita Sakiko, Nakamura Hidemi, Umakoshi Hiroshi. Effect of dehydrocholic acid conjugated with a hydrocarbon on a lipid bilayer composed of 1,2-dioleoyl-sn-glycero-3-phosphocholine. COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES. 2019. 181. 58-65
  • Tham Thi Bui, Suga Keishi, Kuhl Tonya L., Umakoshi Hiroshi. Melting-Temperature-Dependent Interactions of Ergosterol with Unsaturated and Saturated Lipids in Model Membranes. LANGMUIR. 2019. 35. 32. 10640-10647
  • Faried Miftah, Suga Keishi, Okamoto Yukihiro, Shameli Kamyar, Miyake Mikio, Umakoshi Hiroshi. Membrane Surface-Enhanced Raman Spectroscopy for Cholesterol-Modified Lipid Systems: Effect of Gold Nanoparticle Size. ACS OMEGA. 2019. 4. 9. 13687-13695
  • Tham Thi Bui, Suga Keishi, Umakoshi Hiroshi. Ergosterol-Induced Ordered Phase in Ternary Lipid Mixture Systems of Unsaturated and Saturated Phospholipid Membranes. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B. 2019. 123. 29. 6161-6168
  • Tanimura Kazuhiko, Amau Misaki, Kume Ryosuke, Suga Keishi, Okamoto Yukihiro, Umakoshi Hiroshi. Characterization of Ionic Liquid Aqueous Two-Phase Systems: Phase Separation Behaviors and the Hydrophobicity Index between the Two Phases. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B. 2019. 123. 27. 5866-5874
もっと見る
MISC (118件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • メンブレン・ストレスバイオテクノロジー 〜薬物送達システムの設計と開発への応用〜
    ケミカルエンジニヤリング,in press 2004
Works (38件):
  • ストレス応答型細胞・分子集合体の構造制御と利用プロセスの開発
    1997 -
  • リポソームを用いたタンパク質リフォールディングシステムの開発
    1999 -
  • 刺激応答性高分子集合体の設計・開発とバイオプロセスへの応用
    1999 -
  • 環境ストレスセンサーの開発
    2000 -
  • スマートポリマーナノ分子集合体を利用した自律応答型人工シャペロンの設計と応用
    2001 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1988 - 1992 大阪大学 基礎工学部 化学工学科
  • 1992 - 1997 大阪大学 大学院 基礎工学研究科 化学工学分野
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 1997 - 1998 スウエーデン・ルンド大学・博士研究員
  • 1998/10 - 2000/10 大阪大学 助手
  • 2000/11 - 2003/04 大阪大学 講師
  • 2003/04 - 2007/03 大阪大学 助教授
  • 2007/04 - 2012/03 大阪大学 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2004 - 分離技術会 分離技術会年会2005 International Session Chaiman
  • 2004 - 分離技術会 分離技術会年会2005 実行委員会(事務局)
  • 2004 - 化学工学会 関西支部 高度分離研究会 幹事
  • 2003 - 化学工学会 人材育成センター 理科教育委員会 委員
受賞 (5件):
  • 2019/12 - 化学工学会 研究賞 膜場を活用するBio-Inspired 化学工学に関する研
  • 2019/11 - 大阪大学 大阪大学賞 留学生相談室を基盤とするΣGlobal Almuniネットワークの強化
  • 2001 - 化学工学会 研究奨励賞 ストレス応答型バイオプロセスとその周辺技術の開発
  • 2004 - Outstanding Paper Award in APCChE2004 (SCEJ) (Oct.,2004, Kita-Kyushu)
  • 2009/05 - 日本膜学会 膜学研究奨励賞 LIPOzyme Process Chemistryの創成に関する基礎工学的研究
所属学会 (7件):
化学工学会 ,  日本生物工学会 ,  Protein Society ,  American Chemical Society ,  分離技術会 ,  化学工学会 関西支部 高度分離研究会 ,  化学工学会 人材育成センター
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る