研究者
J-GLOBAL ID:200901021018168370   更新日: 2019年12月23日

冨岡 勝

Tomioka Masaru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (7件): 教員養成 ,  旧制中学校 ,  旧制高等学校 ,  校友会 ,  寄宿舎 ,  学生自治 ,  日本教育史
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2010 - 2014 旧制中学校および旧制高等学校の寄宿舎自治活動と校友会の成立と変遷
  • 2010 - 2013 1880年代におけるエリート養成機能形成過程の研究-高等中学校成立史を中心に-
  • 2008 - 2010 近代都市における中等教育機会の基礎的研究-個票データを用いた実業層の再生産戦略-
  • 2006 - 2008 高等教育のマス化・ユニバーサル化と学生文化の変容に関する歴史社会学的研究
論文 (18件):
  • 冨岡勝. 教育における自治(6) 石田雄『自治』を読む(5). 月刊ニューズレター 現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて. 2017. 34. 20-21
  • 冨岡勝. 教育における自治(5) 石田雄『自治』を読む(4). 月刊ニューズレター 現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて. 2017. 33. 30-32
  • 冨岡勝. 教育における自治(4) 石田雄『自治』を読む(3). 2017. 32. 20-23
  • 冨岡勝. 教育における自治(3) 石田雄『自治』を読む(2). 月刊ニューズレター 現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて. 2017. 31. 27-28
  • 冨岡勝. 教育における自治(2) 石田雄『自治』を読む(1). 月刊ニューズレター 現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて. 2017. 30. 28-30
もっと見る
MISC (20件):
  • 冨岡勝. 教職教育部30年史略年表作成の試み. 『近畿大学教育論叢』. 2019. 31. 1. 37-51
  • 冨岡勝. 『教職課程コアカリキュラム』に準拠した教職科目で『カリキュラム・マネジメント』を教える試み(4). 『月刊ニューズレター 現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて』. 2019. 51. 27-28
  • 冨岡勝. 『教職課程コアカリキュラム』に準拠した教職科目で『カリキュラム・マネジメント』を教える試み(3). 2019. 50. 25-32
  • 冨岡勝. 『教職課程コアカリキュラム』に準拠した教職科目で『カリキュラム・マネジメント』を教える試み(2). 『月刊ニューズレター 現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて』. 2019. 49. 32-35
  • 冨岡勝. 近畿大学の大学アーカイヴズと学内史資料の収集・整理に関する調査・研究について」〔記録管理学会研究大会招待講演(2018年5月18日、於近畿大学アカデミックシアター実学ホール)〕. 『レコード・マネジメント』(記録管理学会誌). 2018. 75. 14-17
もっと見る
書籍 (3件):
  • 教員採用試験のための小論文-合格へのEメール講座-(共著)
    大阪教育図書 2002
  • 学生風紀問題(解説)
    大空社 1998
  • 京都市姓氏家系大辞典(共著)
    角川書店 1997
所属学会 (5件):
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 ,  日本教師教育学会 ,  関西教育学会 ,  日本教育学会 ,  教育史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る