研究者
J-GLOBAL ID:200901022613511603   更新日: 2020年01月16日

坂本 昭裕

サカモト アキヒロ | Sakamoto Akihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 身体教育学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 自然体験活動を活用したセラピーに関する研究
  • 不登校児のキャンプ療法
  • 野外活動における対人認知に関する研究
論文 (29件):
  • 大友あかね;坂本, 昭裕. 長期キャンプにおける心理的課題を抱える児童生徒の社会適応に関する研究. 野外教育研究. 2017
  • 佐藤 冬果, 坂本 昭裕. 教養科目としての大学体育によるself-authorship育成に向けての理論的検討. 大学体育研究. 2019. 41. 1-14
  • 岡田, 成弘;坂本昭裕;川田, 泰紀;堀松, 雅博. キャンプ中の自然へのアタッチメントを感じる体験が小中学生の自然に対する態度に及ぼす効果. 野外教育研究. 2019. 22. 2. 1-15
  • 竹内靖子, 坂本昭裕;坂本, 昭裕. 相互成長の場としての発達障害児キャンプ. 野外教育研究. 2018. 22. 1. 37-49
  • 岡田, 成弘; 坂本, 昭裕. キャンプにおいて自然とのアタッチメントを感じる体験が小中学生の自然に対する態度を変容させるプロセス. 環境心理学研究. 2018. 6. 1. 26
もっと見る
書籍 (8件):
  • スポーツ心理学事典:9.5.5治療的キャンプ
    大修館書店 2008
  • 身体性コンピテンスと未来の子どもの育ち
    明石書店 2014 ISBN:4750341118
  • 情動と運動-スポーツとこころ-
    朝倉書店 2016 ISBN:4254106955
  • 野外教育研究法
    杏林書院 2017 ISBN:4764415928
  • グループの中に癒しと成長の場をつくる
    みくに出版 2017 ISBN:4840306664
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 大学キャンプ実習における学生の学び
    (日本野外教育学会第20回記念大会)
  • 統合型キャンプにおける不登校児童生徒の自己イメージと被 受容感に関する研究-個別事例に着目して-
    (日本野外教育学会第18回大会 2015)
  • 長期キャンプにおける課題を抱える児童生徒の社会適応に関す る研究
    (日本野外教育学会第19回大会 2016)
  • 大学キャンプ実習における学生の学び
    (日本野外教育学会第20回記念大会 2017)
  • 冒険教育プログラムにおける不登校生徒の身体性回復のプロセス
    (日本野外教育学会第20回記念大会 2017)
もっと見る
Works (1件):
  • 悩みを抱える青少年の自然体験活動-Road to Self つくばから富士山へ-
    坂本, 昭裕 2006 - 2012
学歴 (2件):
  • - 1987 筑波大学 体育専門学群
  • - 1989 筑波大学 体育研究科 体育方法学
経歴 (6件):
  • 1989/11 - 1993/03 筑波大学 準研究員
  • 1993/04 - 2001/03 図書館情報大学 助手
  • 2001/04 - 2002/07 図書館情報大学 講師
  • 2002/08 - 2002/09 図書館情報大学 助教授
  • 2002/10 - 2012/06 筑波大学 准教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2008 - 日本臨床心理身体運動学会 理事
  • 1998 - 日本野外教育学会 理事
  • 1993 - 日本スキー学会 理事
所属学会 (7件):
日本野外教育学会 ,  日本スキー学会 ,  日本体育学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本臨床心理身体運動学会 ,  日本野外教育学会 ,  日本スキー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る