研究者
J-GLOBAL ID:200901022622927979   更新日: 2019年09月11日

岡野 栄之

オカノ ヒデユキ | Okano, Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 医学研究科委員長
ホームページURL (2件): http://www.okano-lab.com/okanolab/okanohttp://www.okano-lab.com/okanolab/okano
研究分野 (4件): 神経生理学・神経科学一般 ,  神経化学・神経薬理学 ,  分子生物学 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2019 ヒトiPS細胞と霊長類モデルを用いた治療開発の基盤整備
論文 (1,155件):
  • Mikoshiba Katsuhiko, Fujishiro Masatoshi, Kohsaka Shinichi, Okano Hideyuki, Takamatsu Ken, Tsukada Yasuzo. Disorders in myelination in the twitcher mutant. Neurochemical Research. 1985. 10. 8. 1129-1141
  • 1) Kimura M, Inoko H, Katsuki M, Ando, A, Sato T, Hirose T, Takashima H, Inayama S, Okano H, Takamatsu K, Mikoshiba K, Tsukada Y, Watanabe I. Molecular genetic analysis of myelin-deficient mice: shiverer mutant mice show deletion in gene(s) coding for myelin basic protein. Journal of Neurochemistry. 1985. 44. 692-696
  • Mikoshiba K., Okano H., Tsukada Y. P400 protein characteristic to Purkinje cells and related proteins in cerebella from neuropathological mutant mice. Developmental Neuroscience. 1985. 7. 3. 179-187
  • Mikoshiba K., Okano H., Inoue Y., Fujishiro M., Takamatsu K., Lachapelle F., Baumann N., Tsukada Y. Immunohistochemical, biochemical and electron microscopic analysis of myelin formation in the central nervous system of myelin deficient (mld) mutant mice. Brain Research. 1987. 432. 1. 111-121
  • Okano H., Miura M., Moriguchi A., Ikenaka K., Tsukada Y., Mikoshiba K. Inefficient transcription of the myelin basic protein gene possibly causes hypomyelination in myelin-deficient mutant mice. Journal of Neurochemistry. 1987. 48. 2. 470-476
もっと見る
MISC (3件):
  • Sadato N., Morita K., Kasai K., Fukushi T., Nakamura K., Nakazawa E., Okano H., Okabe S. Neuroethical Issues of the Brain/MINDS Project of Japan. Neuron. 2019. 101. 3. 385-389
  • de Lorenzo V., Prather K., Chen G., O'Day E., von Kameke C., Oyarzún D., Hosta-Rigau L., Alsafar H., Cao C., Ji W., Okano H., Roberts R., Ronaghi M., Yeung K., Zhang F., Lee S. The power of synthetic biology for bioproduction, remediation and pollution control: The UN's Sustainable Development Goals will inevitably require the application of molecular biology and biotechnology on a global scale. EMBO Reports. 2018. 19. 4
  • Sipp D., Okano H. Japan Strengthens Regenerative Medicine Oversight. Cell Stem Cell. 2018. 22. 2. 153-156
特許 (57件):
  • ヒト分化細胞由来多能性幹細胞に由来する胚様体及び/又は神経幹細胞の培養方法
  • セマフォリン阻害剤を有効成分とする角膜知覚神経障害治療薬 (略称:セマフォリン阻害剤7)
  • 神経幹細胞の自己複製促進剤およびその使用方法
  • 脊髄損傷治療用製剤
  • 脊髄損傷治療用製剤
もっと見る
書籍 (28件):
  • Studies on the development and growth of the mammalian nervous system by aggregation chimeras: Analysis of corticohistogenesis in the cerebrum by reeler mutant mice.
    Alan JR. Liss, Inc. New York 1986
  • Inefficient transcription of the myelin basic protein (MBP) gene is a possible cause of hypomyelination in myelin deficient (mld) mutant mice.
    Japan Scientific Societies Press, Tokyo, VNU Science Press BV, Utrecht, The Netherlands 1986
  • Ataxic mutant animals
    TRH & Spinocerebellar Degeneration 1986
  • Molecular genetic analysis of the myelin deficient mutant animals.
    Japan Scientific Societies Press, Tokyo, VNU Science Press BV, Utrecht, The Netherlands 1987
  • Shiverer and allelic mutant mld mice.
    The Telford Press, New Jersey 1992
もっと見る
講演・口頭発表等 (519件):
  • イノシト-ル1.4.5三リン酸受容体タイプ1ノックアウトマウスの中枢神経系の形態及び神経症状の検討
    (第37回日本神経学会総会 1996)
  • 1型イノシト-ル三リン酸受容体ノックアウトマウスの中枢神経系の形態及び行動様式の解析(II)
    (第19回日本神経科学大会 1996)
  • I型イノシト-ル三リン酸受容体ノックアウトマウス小脳の電気生理学的解析(I)
    (第19回日本神経科学大会 1996)
  • タイプ1イノシト-ル三リン酸受容体(IP3R1)欠損マウスにおける運動失調と
    (第19回日本分子生物学会年会 1996)
  • Ataxia and epileptic seizures in mice lacking type 1 inositol trisphosphate receptor
    (International Society for Neurochemistry 1997)
もっと見る
Works (3件):
  • 学務委員会委員
    2001 - 2003
  • 国際交流委員会委員
    2001 - 2003
  • 医学部国際交流委員会委員
    2003 - 2005
経歴 (10件):
  • 1985/08 - 1992/03 大阪大学蛋白質研究所・助手
  • 1992/04 - 1994/08 東京大学医科学研究所化学研究部・助手
  • 1994/09 - 1997/03 筑波大学基礎医学系分子神経生物学・教授
  • 1997/04 - 2001/03 大阪大学医学部神経機能解剖学研究部・教授
  • 2003/04 - 2004/03 東北大学医学部・講師
全件表示
委員歴 (39件):
  • 2001 - 慶應義塾大学 委員
  • 2004/07/15 - 2006/03/31 独立行政法人科学技術振興機構 領域アドバイザー
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 日本炎症・再生医学会学会誌「炎症・再生」 編集委員長
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 文部科学省研究振興局 委員
  • 2004/01/19 - 2006/01/18 文部科学省研究振興局 委員
全件表示
受賞 (17件):
  • 2016 - 慶應義塾大学 Faculty Award for Internalization 2016 (Impact factor Most Outstanding Award)
  • 2016 - The Association for the Study of Neurons and Diseases (A.N.D.) Molecular Brain Award
  • 2014 - 日本ベーリンガーインゲルハイム 第51回ベルツ賞(1等賞) 幹細胞を用いた脊髄損傷の再生医療
  • 2013 - GeneExpression Systems & Apasani Research Conference USA Stem Cell Innovator Award
  • 2011 - 日本再生医療学会 The Johnson & Johnson Innovation Award
全件表示
所属学会 (15件):
日本生理学会 ,  日本神経科学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経化学会 ,  国際個別化医療学会 ,  日本神経学会 ,  日本RNA学会 ,  日本国際医学協会 ,  日本脊髄障害医学会 ,  日本炎症再生医学会 ,  日本生化学会 ,  日本末梢神経学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本リハビリテーション医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る