研究者
J-GLOBAL ID:200901022763388273   更新日: 2021年10月27日

井手口 栄治

イデグチ エイジ | Eiji Ideguchi
ホームページURL (1件): http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/~ideguchi/
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (6件): ガンマ線核分光 ,  核構造 ,  核物理 ,  Gamma-ray spectroscopy ,  Nuclear structure ,  Nuclear physics
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 2013 質量数40領域での原子核の極限変形
  • 2006 - 質量数30領域の高スピン状態の研究
  • 2002 - 2004 低エネルギー二次ビームによる高スピン状態の研究
  • 2002 - 2004 Study of high-spin states by using low-energy secondary beam
論文 (258件):
  • R. Yokoyama, E. Ideguchi, G. S. Simpson, Mn Tanaka, Yang Sun, Cui-Juan Lv, Yan-Xin Liu, Long-Jun Wang, S. Nishimura, P. Doornenbal, et al. Three-quasiparticle isomers in odd-even (159)'Pm-161: Calling for modified spin-orbit interaction for the neutron-rich region. PHYSICAL REVIEW C. 2021. 104. 2
  • F. C.L. Crespi, A. Bracco, E. G. Lanza, A. Tamii, N. Blasi, F. Camera, O. Wieland, N. Aoi, D. L. Balabanski, S. Bassauer, et al. The structure of low-lying 1- states in 90,94Zr from (α,α′γ) and (p,p′γ) reactions. Physics Letters, Section B: Nuclear, Elementary Particle and High-Energy Physics. 2021. 816
  • B. Moon, A. Jungclaus, H. Naïdja, A. Gargano, R. Lozeva, C. B. Moon, A. Odahara, G. S. Simpson, S. Nishimura, F. Browne, et al. Nuclear structure of Te isotopes beyond neutron magic number N=82. Physical Review C. 2021. 103. 3
  • J. Chen, S. M. Wang, H. T. Fortune, J. L. Lou, Y. L. Ye, Z. H. Li, N. Michel, J. G. Li, C. X. Yuan, Y. C. Ge, et al. Observation of the near-threshold intruder 0- resonance in Be 12. Physical Review C. 2021. 103. 3
  • S. Go, E. Ideguchi, R. Yokoyama, N. Aoi, F. Azaiez, K. Furutaka, Y. Hatsukawa, A. Kimura, K. Kisamori, M. Kobayashi, et al. High-spin states in S 35. Physical Review C. 2021. 103. 3
もっと見る
MISC (73件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 40Caの超変系状態からのE0遷移
    (日本物理学会 第75回年次大会 2020)
  • Electric monopole transition from the superdeformed band in 40Ca
    (Vth Topical Workshop on Modern Aspects in Nuclear Structure 2020)
  • クーロン励起による質量数250 領域原子核のガンマ線分光
    (東海・重イオン科学シポジウム -タンデム加速器成果報告会 2020)
  • Study of A~250 region by Coulomb excitation gamma-ray spectroscopy
    (The 4th International Symposium on Superheavy Elements (SHE2019) 2019)
  • Shape coexistence in mass 40 region studied via E0 and gamma transitions
    (Heavy Ion accelerator Symposium 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1995 九州大学 物理学専攻 博士後期課程
  • 1990 - 1992 九州大学 物理学専攻 修士課程
  • 1985 - 1990 九州大学 物理学科
経歴 (8件):
  • 2012/05 - 現在 大阪大学 核物理研究センター 核物理実験研究部門 准教授
  • 2003/08 - 2012/04 東京大学 大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター 講師
  • 2001 - 2003 特定国立研究開発法人理化学研究所 RIビーム科学研究室 研究員
  • 2000 - 2001 ワシントン大学 Senior Postdoctoral Researcher
  • 1999 - 2000 スウェーデン王立工科大学 Göran-Gustafsson postdoctoral fellow
全件表示
受賞 (10件):
  • 2017/03 - 日本物理学会 日本物理学会論文賞特別表彰
  • 2017/01 - 公益財団法人 朝日新聞文化財団 朝日賞 113番元素ニホニウム(Nh)の発見と命名
  • 2015/07 - 大阪大学 大阪大学総長顕彰 社会・国際貢献部門
  • 2015/07 - 大阪大学 総長顕彰 社会・国際貢献部門
  • 2013/03 - 日本物理学会 日本物理学会 第18回論文賞 (JPSJ Vol. 79, 073201)
全件表示
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る