研究者
J-GLOBAL ID:200901024859655089   更新日: 2019年10月31日

吉田 靖弘

ヨシダ ヤスヒロ | YOSHIDA Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.den.hokudai.ac.jp/seitaizairyou/index.htmlhttp://www.okayama-u.ac.jp/user/md/master_program/index.html
研究分野 (2件): 保存治療系歯学 ,  補綴系歯学
研究キーワード (1件): 補綴理工系歯学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2014 - 2015 インプラント周囲炎の革新的予防・治療薬の開発と実用化への挑戦
  • 2012 - 2013 濃度センサー機能を有した世界初のドラッグデリバリーシステムへの挑戦
  • 2010 - 2011 組織・生体環境の変化を検出し機能する即応型ターゲティングDDSへの挑戦
  • 2009 - 2011 生体硬組織/材料界面のナノ・分子レベルにおける解析と制御
  • 2006 - 2008 サイトカイン光固定化によるチタンインプラントの高機能化と細胞接着・増殖・分化制御
全件表示
論文 (83件):
  • Oguma H, Seitoku E, Mutoh M, Yoshizawa S, Nakanishi K, Bando Y, Era Y, Kiba T, Saikaew P, Tamai M, Akasaka T, Nakamura M, Kusaka T, Yoshida Y, Sato Y, Sano H, Abe S, Alireza V, Watanabe I, Inoue S, Takada T. Size- and Morphology-Controlled Preparation of Surface-Modified Water-Dispersible Fullerene Nanoparticles for Bioapplications. Journal of nanoscience and nanotechnology. 2020. 20. 5. 2668-2674
  • Yoshihara K, Nagaoka N, Yoshida Y, Van Meerbeek B, Hayakawa S. Atomic level observation and structural analysis of phosphoric-acid ester interaction at dentin. Acta biomaterialia. 2019. 97. 544-556
  • Matsuo K, Yoshihara K, Nagaoka N, Makita Y, Obika H, Okihara T, Matsukawa A, Yoshida Y, Van Meerbeek B. Rechargeable anti-microbial adhesive formulation containing cetylpyridinium chloride montmorillonite. Acta biomaterialia. 2019
  • Nagaoka N, Yoshihara K, Tamada Y, Yoshida Y, Meerbeek BV. Ultrastructure and bonding properties of tribochemical silica-coated zirconia. Dental materials journal. 2018. 38. 1. 107-113
  • Ting S, Chowdhury AFMA, Sun J, Kakuda S, Sidhu SK, Yoshida Y, Selimovic D, Sano H. Effect of different remaining dentin thickness and long term water storage on dentin bond strength. Dental materials journal. 2018. 37. 4. 562-567
もっと見る
MISC (118件):
特許 (42件):
もっと見る
書籍 (23件):
  • Adhesion mechanism of self-etching adhesives
    Advanced Adhesive Dentistry 3<sup>rd</sup> International Kuraray Symposium
  • Analytical model of fraeture at the dentine/resin composite interface (共著)
    ICCE/3, ICCE & Coll. of Eng, Univ. NO
  • Interface modeling of micro-tensile bond test(共著)
    4<sup>th</sup> European conference on composites : Testing and standardisation
  • Fracture process of resin composite/dentine adhesive interfaces(共著)
    Novel biomaterials in prosthodontics and implantology and clinical relevent aspects on occlusion
  • Recent advances in computer methods(共著)
    Biomechanics & Biomedical Engineering
もっと見る
講演・口頭発表等 (165件):
  • 傾斜機能性Mg含有アパタイト・コラーゲン複合体の細胞接着特性
    (未来開拓学術研究推進事業・第2回生体組織工学シンポジウム 2000)
  • コンポジットレジンの物性向上の為のフィラー表面洗浄法の確立
    (第35回日本歯科理工学会学術講演会 2000)
  • A new concept of CO3apatite-collagen composites with adhesion motif
    (The 48th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2000)
  • 象牙質接着システムー脱灰および健全象牙質の応力解析と諸因子の影響-micro-tensile bond testモデル-
    (第36回日本歯科理工学会学術講演会 2000)
  • 新機能性Mg2+含有炭酸アパタイト・コラーゲン複合体の創製
    (日本バイオマテリアル学会シンポジウム2000 2000)
もっと見る
Works (18件):
  • サイトカイン光固定化によるチタンインプラントの高機能化と細胞接着・増殖・分化制御
    2007 - 2008
  • 新規多糖誘導体リン酸化プルランを用いた硬組織用ドラッグデリバリーシステムの開発
    2007 - 2008
  • う蝕・歯周病予防のための抗菌性コーティング材の開発
    2007 - 2008
  • 生体硬組織・材料ナノインターフェイスの3次元解析
    2007 - 2008
  • 新規リン酸化多糖誘導体を用いた生体硬組織用DDSの開発
    2007 - 2008
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(歯学)
委員歴 (2件):
  • 2009 - 日本歯科理工学会 評議員
  • 2009 - International Association for Dental Research 評議員
受賞 (19件):
  • 2010 - 第54回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞
  • 2006 - 第47回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞
  • 2005 - 第44回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞
  • 2004 - 第43回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞
  • 2002 - GlaxoSmithKline-Award in Odonto-Stomatology 2002
全件表示
所属学会 (6件):
日本歯科理工学会 ,  International Association for Dental Research ,  Academy of Dental Materials ,  日本歯科保存学会 ,  日本補綴歯科学会 ,  日本接着歯学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る