研究者
J-GLOBAL ID:200901025608808125   更新日: 2021年05月12日

木島 正志

キジマ マサシ | Kijima Masashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (8件): 無機物質、無機材料化学 ,  複合材料、界面 ,  機能物性化学 ,  有機合成化学 ,  構造材料、機能材料 ,  高分子化学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  高分子材料
研究キーワード (1件): 藻類・バイオマス応用化学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2012 - 2013 セルロース/リグニン複合系における炭素化メカニズム解析
  • 2011 - 2013 ナノ構造化ポーラスカーボンアロイの新構築
  • 2009 - 2013 木質起源物質の化学修飾と炭素化物への物質変換
  • 2008 - 2013 水素吸蔵材料の開発に関する研究
  • 2011 - 2013 熱分解制御下の炭素化により生成するナノ構造化炭素の解析
全件表示
論文 (147件):
書籍 (6件):
  • ポーラスカーボン材料の合成と応用
    2019
  • WMSCI 2008: 12TH WORLD MULTI-CONFERENCE ON SYSTEMICS, CYBERNETICS AND INFORMATICS, VOL IV, PROCEEDINGS
    INT INST INFORMATICS & SYSTEMICS 2008 ISBN:9781934272343
  • Polyynes: Synthesis, Properties, and Applications
    CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP 2006 ISBN:157444512X
  • 炭素材料概論
    エヌティーエス 2004
  • Polycondensation reactions of "Halides"
    Kluwer Academic 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • スクアレンとm-クロロ過安息香酸のマイクロフロー反応によ るスクアレンモノエポキシドの選択的生成
    (日本化学会 第100春季年会 (2020) 2020)
  • タングステン触媒を用いた過酸化水素によるボトリオコッセ ンのエポキシ化
    (日本化学会 第100春季年会 (2020) 2020)
  • Design and Synthesis of Donor-Acceptor Conjugated Polymers with Aggregation Induced Emission (AIE) Function
    (2nd G'L'owing Polymer Symposium in KANTO 2019)
  • Development of 4,9-Substituted Carbazole-based Conjugated Polymers with Liquid Crystallinity
    (2nd G'L'owing Polymer Symposium in KANTO 2019)
  • Effect of a phthalaldehyde additive on hydrothermal carbonization of microalgae
    (第46回炭素材料学会年会 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 理学博士 (東京工業大学)
  • 工学修士 (東京工業大学)
経歴 (2件):
  • 2013/04/01 - 現在 筑波大学 数理物質系 教授
  • 2011/10/01 - 2013/03/31 筑波大学 数理物質系 准教授
委員歴 (1件):
  • 2017/01 - 2018/12 炭素材料学会 炭素材料学会運営委員会/編集委員会/編集委員長
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  電気化学会 ,  炭素材料学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る