研究者
J-GLOBAL ID:200901028597741944   更新日: 2019年11月19日

木多 彩子

キタ アヤコ | Kita Ayako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 建築計画、都市計画
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2016 - 現在 市民共創による公共建築計画に寄与するデザイン基礎教育の検証と実践的モデルの構築
  • 2013 - 2016 南海トラフ地震に備えた事前の「復興計画」の提案 地域文脈の解読と集落・都市の再編
  • 2012 - 2016 路上犯罪発生の抑止を目的とした街角施設の防犯資源としての活用の可能性に関する研究
  • 2012 - 2015 事前不確定性に基づく価値管理モデル構築にむけた動的な建築企画実務プロセスの体系化
  • 2004 - 2006 都市再建プランと時代背景に関する日英比較研究
全件表示
論文 (37件):
  • 辻井麻衣子, 木多彩子, 上田正大, 曽我龍哉. 建築学生と非建築学生における建築図面の読図能力の差異について : 大学4年生を事例として. 日本図学会大会学術講演論文集. 2018. 112-117
  • 辻井麻衣子, 木多彩子. 建築系学生を対象とした三次元認知力の習得を目的とした基礎造形教育の実例と習得効果について. 本建築学会第18回建築教育シンポジウム建築教育論文報告集. 2018. 3-10
  • 辻井麻衣子, 木多彩子. 建築系学生を対象とした地方自治体が主催する実施コンペからみた建築設計教育における課題 建築基礎教育の実践的モデル構築に関する研究. 摂南大学融合科学研究所論文集. 2018. 第4巻. 1号. 37-48
  • 木多彩子. ベトナム系移民の居住環境選択に関する意識調査研究. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018
  • 辻井麻衣子, 柳沢学, 木多彩子. 建築系専門学校生を対象とした実施コンペからみた建築設計における構造教育に関する課題. 建築教育研究論文報告集. 2017. 17. 37-44
もっと見る
MISC (8件):
  • 津崎義喜, 木多道宏, 木多彩子. 紀伊半島における林業の実態と再生に向けた課題に関する研究その2-熊野川流域における流通形態の類型化と変遷について-. 近畿支部研究報告集. 2013. 53. pp.325-328
  • 木多道宏, 津崎義喜, 木多彩子. 紀伊半島における林業の実態と再生に向けた課題に関する研究その1-林業・製材業の課題の整理と熊野川流域における流通形態からみた時代区分について-. 近畿支部研究報告集. 2013. 53. pp.321-324
  • 市橋貴之, 木多彩子. 農山村地域に独居する高齢者の生活実態に関する研究. 近畿支部研究報告集. 2013. 53. pp.205-208
  • 出口寛子, 吉村英祐, 木多彩子. 通学路における防犯対策に対する評価と犯罪不安箇所の分析-統合予定の公立小学校に通学する児童の保護者を対象として-. 近畿支部研究報告集. 2013. 53. pp.69-72
  • 木多 彩子. 建築ストックを活用した新たなビジネスモデルのための技術とデザイン. 日本建築学会 建築雑誌 2011年2月号. 2011. p.60
もっと見る
書籍 (2件):
  • 建築・まちづくりの夢をカタチにする力
    2008
  • マンション学事典
    民事法研究会 2008
講演・口頭発表等 (22件):
  • 建築学生と非建築学生における建築図面の読図能力の差異について: 大学 4 年生を事例として
    (日本図学会秋季大会 2018)
  • 建築系学生を対象とした三次元認知力の習得を目的とした基礎造形教育の実例と習得効果について
    (日本建築学会第18回建築教育シンポジウム 2018)
  • ベトナム系移民の居住環境選択に関する意識調査研究
    (日本建築学会大会学術講演会 2018)
  • Basic Modelling Education to Obtain 3D Spatial Perception for Design Beginners
    (18th International Conference on Geometry and Graphic 2018)
  • Usage Proposals for Local Parks from the Perspective of User's Characteristics and Surrounding Environments
    (25th International Association of People Environment Studies 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • 建築ストックを活用した新たなビジネスモデルのための技術とデザイン
    2011 -
  • エコロジー住宅関連情報の類型化と活用方法について
    2002 -
  • 阪神大震災の影響による大阪市中心部の窓ガラス等の破損状況について、日本建築学会大会(北海道)
    1995 -
学歴 (2件):
  • - 1998 大阪大学 工学研究科 建築工学専攻
  • - 1988 大阪大学 工学部 建築工学科
学位 (2件):
  • 工学学士 (大阪大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
委員歴 (6件):
  • 2000/04 - 2002/03 (社)日本建築学会 建築計画委員会国際化推進小委員会委員
  • 日本マンション学会 関西支部幹事
  • 日本都市住宅学会 会員
  • 日本図学会 会員
  • 都市計画学会 会員
全件表示
受賞 (4件):
  • 1999/09 - 日本建築学会 平成11年度日本建築学会奨励賞
  • 1999/09 - 日本建築学会 平成11年度日本建築学会奨励賞
  • 1999 - 日本建築学会奨励賞
  • 1999 - 日本建築学会奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る