研究者
J-GLOBAL ID:200901029564798572   更新日: 2020年01月16日

柿澤 敏文

カキザワ トシブミ | Kakizawa Toshibumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 特別支援教育
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2011 視覚障害児の社会的インクルージョンに関する比較文化学的研究
  • 1985 - 障害のある人や高齢者の眼球運動
  • 1985 - 視覚障害者の視知覚・認知
  • 2000 - 全国盲学校児童生徒の視覚障害原因調査
  • 1985 - 弱視者の眼球運動特性
論文 (105件):
  • 宮地 裕久;和田 恒彦;緒方, 昭広;宮本 俊和;柿澤 敏文. 視覚障害者を対象とした刺鍼技術に対する反復練習の効果. 日本東洋医学系物理療法学会誌. 2017. 42. 2. 73-79
  • Po-Han, Huang;Kakizawa, Toshibumi;Hisham, B. S. 台灣低視力学生近距離閲讀研究. 特教園丁. 2018. 34. 2. 41-48
  • 柿澤, 敏文. 巻頭言. 筑波大学附属視覚特別支援学校研究紀要. 2018. 50. 1-1
  • 柿澤, 敏文. スマートサイト:教育・医療・福祉がつながったネットワークシステム. 視覚障害教育ブックレット. 2018. 38. 1-1
  • 柿澤,敏文. ロービジョン児者の就学と学校教育機関. 日本の眼科. 2018. 89. 9. 1221-1225
もっと見る
書籍 (25件):
  • 視覚障害の発生
    1991
  • 医療福祉
    1993
  • 低視力と眼球運動
    1993
  • 弱視者の衝動性眼球運動と滑動性眼球運動の特性(共著)
    1994
  • 視覚障害とは何か
    理解と支援の障害児教育、コレール社 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • Characteristics of play behavior and social interactions: case study of two blind Japanese girls.
    (10th International Conference on Low Vision 2011)
  • 中国の高等教育における視覚障害学生の修学支援ニーズに関する予備的研究
    (全国高等教育障害学生支援協議会第1回大会 2015)
  • 筑波大学障害学生支援室における支援の取り組み
    (全国高等教育障害学生支援協議会第1回大会 2015)
  • 筑波大学東京キャンパスにおける夜間課程の社会人大学院生(視覚障害)に対する外部人材を活用した支援について
    (全国高等教育障害学生支援協議会第1回大会 2015)
  • 中国の高等教育における視覚障害学生の修学支援ニーズに関する予備的研究
    (日本特殊教育学会第53回大会 2015)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2008/10/01 - 2013/03 千葉大学教育学部 非常勤講師
  • 2011/10/01 - 筑波大学 教授
委員歴 (10件):
  • 2017/04 - 全国盲学校理学療法研究会 会長
  • 2017/04 - 全国盲学校音楽科設置校研究協議会 会長
  • 2017/04 - 全国盲学校普通教育連絡協議会 会長
  • 2016/08 - 日本福祉心理学会 編集委員長
  • 2016/06 - 日本特殊教育学会 常任編集委員
全件表示
所属学会 (8件):
日本特殊教育学会 ,  日本生理心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本視覚学会 ,  日本弱視教育研究会 ,  日本福祉心理学会 ,  日本保育学会 ,  障害科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る