研究者
J-GLOBAL ID:200901029629197393   更新日: 2020年08月29日

田中 裕二

タナカ ユウジ | L TANAKA Yuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.n.chiba-u.jp/education_research/teacher/tanaka.html
研究分野 (6件): 医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  基礎看護学 ,  基盤脳科学
研究キーワード (20件): 神経科学 ,  神経生理学 ,  認知神経科学 ,  電気生理学 ,  前頭連合野 ,  頭頂連合野 ,  高次脳機能 ,  高次脳機能障害 ,  意識 ,  意識障害 ,  低体温療法 ,  脳波 ,  感覚刺激 ,  誘発電位 ,  自律神経活動 ,  形態機能学 ,  機能・代謝学 ,  基礎看護学 ,  看護技術 ,  リハビリテーション
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2020 高次脳機能障害患者に対する看護援助技術の神経生理学的解析と国際比較
  • 2013 - 2016 高次脳機能障害患者に対する看護援助技術の神経生理学的研究
  • 2010 - 2012 高次脳機能障害患者に対する援助技術の基礎的研究
  • 2008 - 2010 非言語的コミュニケーションが身体に及ぼす影響について
  • 2003 - 2008 日本文化型看護学の創出・国際発信拠点-実践知に基づく看護学の確立と展開-
全件表示
論文 (42件):
  • Kase R, Amemiya A, Okonogi R, Yamakawa H, Sugawara H, Tanaka YL, Komiyama M, Mori T. Examination of the effect of suitable size and width of shoes for the prevention of diabetic foot ulcer the second and fifth metatarsal head. Sensors. 2018. 18. 10. 3269
  • 小宮山政敏, 金 赫玲, 宮宗秀伸, 松野義晴, 田中裕二. 肘窩における皮静脈と皮神経の位置関係-皮静脈穿刺に適する部位の検討. 千葉大学大学院看護学研究科紀要. 2018. 40. 1-8
  • Sugawara H, Amemiya A, Tanaka YL, Komiyama M. Impact of nurse-associated patient turning at different sleep stages on the quality of subsequent sleep. Conference Proceeding of the 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. 2018. 2096-2099
  • Ayumi Amemiya, Rena Okonogi, Hiroki Yamakawa, Kaori Susumu, Tatsuya Jitsuishi, Hisayoshi Sugawara, Yuji L Tanaka, Masatoshi Komiyama, Taketoshi Mori. The external force associated with callus formation under the first metatarsal head is reduced by wearing rocker sole shoes. Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference. 2017. 2017. 4487-4490
  • 正木治恵, 田中裕二, 岩瀬靖子, 藤田水穂, 高橋良幸, 渡邉美和. 千葉大学看護学部のブランド力強化の取り組み. 千葉大学大学院看護学研究科紀要. 2013. 35. 37-42
もっと見る
MISC (34件):
  • 田中裕二, 卯野木健. 特集:院内研究の進め方-知っておきたいルールとモラル 〈各論-II〉フリートーク 院内研究と文献引用. ナーシング・トゥデイ12月号. 2003. 18. 14. 36-39
  • 田中裕二. 特集=続・ケア技術のエビデンス 第10章 高次脳機能障害ケアのエビデンス. 臨牀看護2003年11月臨時増刊号. 2003. 29. 13. 1961-1973
  • 田中裕二. 特集●学会発表をしよう! 学会発表の基本からプレゼンテーションの実際まで:学会を開催する側の苦労と参加者へのアドバイス. 臨牀看護2003年8月号. 2003. 29. 9. 1333-1334
  • 田中裕二. 特集●学会発表をしよう! 学会発表の基本からプレゼンテーションの実際まで:プレゼンテーションの実際 ポスター発表;ポスターの作り方・発表の仕方. 臨牀看護2003年8月号. 2003. 29. 9. 1328-1333
  • 田中裕二, 卯野木健. 「Q&A最新医学・薬理の知識」 第28回 サーカディアンリズム. ナーシング・トゥデイ7月号. 2003. 18. 8. 74-77
もっと見る
書籍 (36件):
  • リハベーシック 生化学・栄養学
    医歯薬出版(東京) 2020 ISBN:9784263267523
  • 看護学テキストNiCE 成人看護学 急性期看護I-概論・周手術期看護(改訂第3版)
    南江堂(東京) 2019 ISBN:9784524241637
  • ナーシング・グラフィカ 疾病の成り立ち1 病態生理学(第5版)
    メディカ出版(大阪) 2018 ISBN:9784840461290
  • ナーシング・グラフィカ 人体の構造と機能1 解剖生理学(第4版)
    メディカ出版(大阪) 2016 ISBN:9784840453745
  • 看護学テキストNiCE 成人看護学 急性期看護I-概論・周手術期看護(改訂第2版)
    南江堂(東京) 2015 ISBN:9784524261369
もっと見る
講演・口頭発表等 (136件):
  • 褥瘡予防のための姿勢変化量の検討
    (第39回日本看護科学学会学術集会(金沢) 2019)
  • 大腸内視鏡検査における屈折率による前処置完了判定の検討
    (第39回日本看護科学学会学術集会(金沢) 2019)
  • 褥瘡予防のための姿勢変化の定量評価指標の検討
    (千葉看護学会第25回学術集会(千葉) 2019)
  • フランスの意識障害患者に対するケア技術の検討-神経病院とリハビリテーション病院の比較
    (日本看護技術学会第18回学術集会(福井) 2019)
  • 熱布バックケアが自律神経活動に及ぼす影響
    (日本看護技術学会第18回学術集会(福井) 2019)
もっと見る
Works (3件):
  • 看護技術の科学的検証
  • 高次脳機能障害リハビリテーション
  • 高次脳機能障害患者の援助技術に関する研究
学歴 (3件):
  • 1995 - 医学博士(日本大学)
  • 1980 - 1982 千葉大学
  • 1976 - 1980 千葉大学 看護学科
学位 (2件):
  • 医学博士
  • 看護学修士
経歴 (6件):
  • 2009/04 - 現在 千葉大学 大学院看護学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2009/03 千葉大学 看護学部 准教授
  • 2001 - 2007/03 千葉大学 看護学部 助教授
  • 2001 - 2001 日本大学 医学部 講師
  • 1984 - 2001 日本大学 医学部 助手
全件表示
委員歴 (44件):
  • 2018/04 - 現在 千葉看護学会 第9期会誌査読者
  • 2015/01 - 現在 日本生理学会 生理学エデュケーター(認定証番号 第150127号)
  • 2000/04 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2015/04 - 2018/03 千葉看護学会 第8期会誌査読者
  • 2014/04 - 2017/03 日本看護技術学会 第5期学会誌編集委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/10 - 第6回看護理工学会学術集会 第6回看護理工学会学術集会研究奨励賞 画像解析による大腸内視鏡検査の前処置完了の定量的判定
  • 2012/05 - 日本生理人類学会 平成23年度奨励賞 Effects of changing illuminance on the somatosensory function.
所属学会 (13件):
日本看護技術学会 ,  千葉看護学会 ,  日本神経心理学会 ,  European Brain and Behaviour Society ,  European Neuroscience Association ,  International Brain Research Organization ,  日本人間工学会 ,  日本看護学教育学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本薬理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る