研究者
J-GLOBAL ID:200901033378858163   更新日: 2014年02月25日

阿部 祥人

アベ ヨシト | Abe Yoshito
所属機関・部署:
職名: 教授
MISC (38件):
  • 阿部 祥人. 岩陰・洞窟遺跡調査の意義. 縄文時代のはじまり 国立歴史民俗博物館. 2008. 73-85
  • 阿部 祥人. 富山遺跡の「前期旧石器時代」説をめぐってー竹岡俊樹氏の反論にこたえる. 山下秀樹氏追悼論集. 2004
  • 阿部 祥人. 人と頁岩-二つの遺跡の比較検討から-. 時空をこえた対話-三田の考古学- 六一書房. 2004. 33-38
  • 阿部 祥人. 東通村安部遺跡-縄文時代の洞窟遺跡-. ネットワーク発掘. 2003. 15. 3-4
  • 阿部 祥人. 尖頭器の製作過程における欠損・断念・再加工-「上野A遺跡の3A」へのアプローチ-. 慶応義塾文学部民族学考古学研究室報告No.13 考察編. 2002. 201-207
もっと見る
書籍 (7件):
  • 下北半島石灰岩地帯における洞窟遺跡の調査-平成14年度〜平成15年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告書-
    2005
  • 北上山地に日本後期更新世人類化石を探るー岩手県大迫町アバクチ洞穴・風穴洞穴遺跡の発掘ー
    2003
  • 慶応義塾文学部民族学考古学研究室報告No.13 上野A遺跡発掘調査報告書-尖頭器製作跡の研究-
    2002
  • 朝倉書店 自然環境の生い立ち-第四紀と現在 第3版
    2002
  • 慶応義塾大学民族学考古学研究室 お仲間林遺跡の研究-1992年の調査-
    1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 青森県下北半島における石灰岩洞窟遺跡の調査
    (第8回動物考古学会 2004)
  • 日本旧石器文化研究の総合化に向けて
    (第29回東京都遺跡調査研究会 2004)
  • 東通村安部遺跡-縄文時代の洞窟遺跡-
    (平成15年度青森県埋蔵文化財発掘調査報告会 2003)
  • 安部遺跡
    (平成15年度 青森県埋蔵文化財発掘調査報告会 2002)
  • 安部遺跡
    (青森県埋蔵文化財発掘調査報告会資料 2002)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1980 慶應義塾大学
  • - 1980 慶應義塾大学
  • - 1975 慶應義塾大学
  • - 1975 慶應義塾大学
  • - 1971 慶應義塾大学 史学科史学科
全件表示
経歴 (12件):
  • 2001 - 2002 :大学教職課程センター学習指導副主任(大学院)
  • 1999 - 2001 :大学院文学研究科学習指導委員
  • 2001 - -:大学院文学研究科学習指導委員
  • 1998 - 2000 :大学教職課程センター学習指導副主任
  • 1998 - -:大学院文学研究科委員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 1977/04 - 日本第四紀学会 評議員
所属学会 (1件):
日本第四紀学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る