研究者
J-GLOBAL ID:200901034973934430   更新日: 2009年01月06日

今川 重彦

イマガワ シゲヒコ | IMAGAWA Shigehiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): スポーツ科学 ,  分子生物学 ,  内科学一般(含心身医学) ,  血液内科学
研究キーワード (2件): エリスロポエチン 遺伝子発現 ,  転写因子 ドーピング 生活習慣病 運動療法 高地トレーニング カフェイン タウリン
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • エリスロポチン遺伝子発現調節
  • 新規経口貧血治療薬の開発
  • 遺伝子ドーピングの新規検出法の開発
  • 生活習慣病に対する運動療法の意義
  • 生活習慣病に対する栄養指導の意義
全件表示
MISC (61件):
特許 (2件):
  • 腎性貧血治療剤
  • エリスロポエチン産生促進方法
書籍 (8件):
  • 第5回国際Epo カンファランス
    週刊医学界新聞 2000
  • 赤芽球分化の転写制御. 造血にかかわる転写因子と腫瘍
    Molecular Medicine 2001
  • Function of transcription factor GATA-2. Erythropoietin: Molecular Biology and Clinical Use
    F.P. GRAHAM PUBLISHING CO., Johnson City, TN (W.Jelkmann Eds) 2002
  • Molecular and Clinical Use of Erythropoietin: An update
    第10回 腎とエリスロポエチン研究会 特別講演2 EPO 91 研究 02 中外製薬 2002
  • Evidence Based Hematology. EBM 血液疾患の治療
    中外医学社 2003
もっと見る
Works (7件):
  • 転写遺伝子不均衡によるEpo産生抑制機構に関する研究
    2000 - 2002
  • エリスロポエチン遺伝子発現調節に関する研究
    2001 - 2002
  • SM-5887による骨髄抑制作用の基礎検討
    2001 - 2002
  • In VitroでのTNF-α、VEGF産生に対するPGE1、FOYの効果に関する研究
    2002 - 2002
  • 転写遺伝子不均衡によるEpo産生抑制機構に関する研究
    2002 - 2002
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1980 筑波大学 医学専門学群
  • - 1984 筑波大学 医学研究科 生物系
学位 (1件):
  • 医学博士 (筑波大学)
経歴 (9件):
  • 1984 - 1986 筑波大学附属病院内科レジデント
  • 1986 - 1989 Brigham & Women's Hospital, Harvard Medical School
  • 1989 - 1990 自治医科大学医学部血液学 臨床助手
  • 1990 - 1993 自治医科大学医学部血液学 病院助手
  • 1996 - 2000 (兼)自治医科大学大学院医学部 講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 日本血液学会 評議員,編集委員
  • 日本臨床血液学会 評議員
  • 日本臨床スポーツ医学会 評議員
所属学会 (9件):
日本血液学会 ,  日本臨床血液学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  American Society of Clinical Oncology ,  American Socitey of Hematology ,  日本内科学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る