研究者
J-GLOBAL ID:200901035093217990   更新日: 2020年10月29日

仲本 康一郎

ナカモト コウイチロウ | Kohichiroh Nakamoto
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (3件): 言語学 ,  日本語学 ,  日本語教育
研究キーワード (5件): 意味論/語用論、ナラティブ ,  認知言語学、身体性、メタファー ,  生態心理学、アフォーダンス ,  ナラティブ,談話分析 ,  身体性,感性,カテゴリー化
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 語りの生成と変容のダイナミズムに関する認知語用論的研究
  • 2017 - 2020 英語対話教材開発のための相互行為プロセスの分析:非言語情報を中心に
  • 2015 - 2018 語りの構造化・反復・共話を可能にするナラティブ・リアリティの認知言語学的解明
  • 2014 - 2017 英語対話教材開発のためのマルチモーダルデータベースの構築とその利用
  • 2010 - 2013 日英対照マルチモーダル音声対話データベースの作成:応用認知言語学の観点から
論文 (28件):
  • 仲本康一郎. 力のダイナミクスに基づく相互作用の概念分析--心の葛藤をめぐって. 山梨大学国語・国文と国語教育. 2020. 23. 102-115
  • 谷村 緑, 竹内和広, 吉田悦子, 仲本康一郎, 山口征孝. レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスにおけるスタンスの表明. 信学技報. 2019
  • 仲本康一郎, 岡本雅史, 加藤祥. 認知語用論に基づくナラティブ・リアリティの解明に向けて--語りの構造化・共話・反復から見えること. 日本語用論学会第20回大会発表論文集. 2018. 13. 307-314
  • 仲本康一郎. 認知物語論の試み--変容する語りの意味を求めて. 山梨大学国語・国文と国語教育. 2018. 22. 135-149
  • 谷村緑, 仲本康一郎, レベッカ・カルマン. イディオム学習のための教室活動のデザインーーメタファー提示方式と日英訳読方式の比較. 京都外国語大学論叢. 2017. 89. 129-146
もっと見る
書籍 (8件):
  • 仕事の意味論--「時間の地図」を作成する
    開拓社 2020
  • ファジー意味論
    ひつじ書房 2020
  • 空間認知,力動性,類別詞
    朝倉書店 2019
  • 山梨大学の事例--初年次日本語教育の取り組み
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:9784779512506
  • 形容詞「きつい」の多義構造
    ひつじ書房 2013 ISBN:9784894766310
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 外国人児童生徒等教育を担う教員の養成
    (令和元年度日本教育大学協会研究集会 2019)
  • How analogy and metaphor are used in interaction: Comparing visible and nonvisible conditions of learners’ task-based corpus
    (The 29th Conference of the European Second Language Association 2019)
  • How people understand each other in interaction using figurative language: Comparing Japanese and English task-based dialogues
    (日本英語学会国際春季フォーラム 2019 2019)
  • 課題達成対話における協働行為とinclusive “we”--英語を母語とする教師と英語学習者の非対称性に注目して
    (第43回社会言語科学会研究大会 2019)
  • 「文化間移動をする子どもの育ち」を支える教育人材の育成
    (子どもの日本語教育研究会第4回大会 2019)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 1998 - 2001 京都大学 認知情報学専攻
  • 1998 - 2001 京都大学 認知情報学専攻
  • 1996 - 1998 京都大学 認知情報学専攻
  • 1996 - 1998 京都大学 認知情報学専攻
  • 1994 - 1996 上智大学
全件表示
学位 (8件):
  • B.A(Education) (University of Hiroshima)
  • 学士(教育学) (広島大学)
  • M.A.(Linguistics) (Sophia University)
  • 修士(言語学) (上智大学)
  • M.A.(Human and Environmental Studies) (Kyoto University)
全件表示
経歴 (3件):
  • 2004/04/01 - 2008/03/31 京都教育大学 教育学部 非常勤講師(「大学英文法」等)
  • 2001/04/01 - 2008/03/31 大阪外国語大学 日本語日本文化センター 非常勤講師(「日本語初級」等)
  • 2001/12/01 - 2006/03/31 独立行政法人情報通信研究機構 自然言語グループ 専攻研究員
委員歴 (7件):
  • 2019/04/01 - 2020/03/31 公益社団法人日本語教育学会 文部科学省委託事業「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」モデルプログラム検証・開発部会委員
  • 2018/12/01 - 2019/08/31 第15回国際認知言語学会 査読委員
  • 2018/12/01 - 2019/08/31 International Cognitive Linguisitics Conference(ICLC15) Peer Reviewer
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 日本語文法学会 学会誌編集委員会
  • 2018/04/01 - 2019/03/29 公益社団法人日本語教育学会 文部科学省委託事業「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」モデルプログラム検証・開発部会委員
全件表示
所属学会 (8件):
東京言語学コロキアム(TLC) ,  日本生態心理学会 ,  日本認知科学会 ,  日本語用論学会 ,  日本認知言語学会 ,  日本語文法学会 ,  異文化間教育学会 ,  日本語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る