研究者
J-GLOBAL ID:200901036544236078   更新日: 2020年08月31日

三好 徳和

ミヨシ ノリカズ | Miyoshi Norikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (2件): 有機合成化学 ,  Organic Chemistry ; synthesis and reactions
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2012 - 2015 金属ストロンチウムを利用した還元的極性変換による新しい活性種の創製とその応用
  • 2007 - 2009 多機能反応剤の開発-有機ストロンチウムの調製と反応-
  • 2001 - 2003 グリーン化学-環境調和適応型酸化反応の開発-
  • 1999 - 2002 含水溶媒中でのGrignard型付加反応の開発と実践的合成プロセスへの応用
  • 1998 - 2001 新規有機合成反応の開発と有用化学物質合成への応用
全件表示
論文 (30件):
MISC (65件):
もっと見る
特許 (4件):
  • 第3級アルコールの製造方法
  • 第3級アルコール由来のエステルの製造方法
  • 第3級アルコールの製造方法
  • ポリエステルの分解方法および芳香族ジカルボン酸の回収方法
講演・口頭発表等 (147件):
  • 金属ストロンチウムを用いる嵩高い含窒素化合物の合成手法の開発
    (2018年日本化学会中国四国支部大会,愛媛大学城北キャンパス(愛媛),講演番号2G-07 2018)
  • 有機ビスマスを含む協奏機能触媒を用いた新規カップリング反応の研究
    (2018年日本化学会中国四国支部大会,愛媛大学城北キャンパス(愛媛),講演番号2G-08 2018)
  • 金属ストロンチウムを用いるラジカル種の生成とその応用
    (2018年日本化学会中国四国支部大会,愛媛大学城北キャンパス(愛媛),講演番号1P-030 2018)
  • ストロンチウム-メタラサイクル中間体の構造推定とその反応性に関する研究
    (第29回基礎有機化学討論会, 東京工業大学大岡山キャンパス(東京),講演番号3C08 2018)
  • 金属ストロンチウムを反応剤として用いる選択的官能基変換
    (第29回基礎有機化学討論会,東京工業大学大岡山キャンパス(東京),講演番号1P106 2018)
もっと見る
学歴 (11件):
  • 1988 - 東京大学大学院理学系研究科博士課程化学専攻 中途退学
  • - 1988 東京大学 化学
  • - 1988 東京大学
  • 1987 - 東京大学大学院理学系研究科博士課程化学専攻 進学
  • 1987 - 東京大学大学院理学系研究科修士課程化学専攻 修了
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (6件):
  • 2005/04 - 徳島大学総合科学部 教授
  • 2000/06/04 - 文部省在外研究員(連合王国 Imperial College, Prof. A.G.M. Barrett)
  • 1996/04/01 - 徳島大学総合科学部 助教授
  • 1994/04/01 - 徳島大学総合科学部 講師
  • 1989/01/01 - 1994 新潟薬科大学 助手
全件表示
委員歴 (6件):
  • 川での福祉と教育の全国大会in徳島 実行委員会 実行委員
  • 社団法人 日本化学会 化学グランプリン・オリンピック運営委員
  • 社団法人日本化学会中国四国支部 地区幹事会幹事
  • 社団法人日本化学会中国四国支部 化学教育協議会地区幹事
  • 社団法人日本化学会中国四国支部 化学教育協議会委員長
全件表示
所属学会 (3件):
アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る