研究者
J-GLOBAL ID:200901036866144748   更新日: 2019年06月28日

古田 博司

フルタ ヒロシ | Hiroshi Furuta
研究分野 (3件): アジア史、アフリカ史 ,  思想史 ,  政治学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2007 - 日韓歴史共同研究委員会
  • 2002 - 2005 日韓歴史共同研究委員会(第一期)
  • 2000 - 2000 環太平洋における現代都市空間と国家と宗教の意味
  • 1990 - 1990 東アジアの経済的・社会的発展と近代化に関する比較研究
  • 朝鮮王朝後期葬喪礼教化政策
全件表示
論文 (86件):
  • Furuta,Hiroshi. 日本は韓国・北朝鮮に関し冷酷なる羅針盤をもって歩め. 『日本戦略研究フォーラム季報』. 2017. 72. 23-28
  • 古田,博司. 地政学上の半島事情. 『日本戦略研究フォーラム季報』. 2014. 16-22
  • 古田,博司. 時代の触角17. 『歴史通』. 2013. 25. 80-84
  • 古田,博司. 歴史学の営為と歴史教科書論争の不毛. 『史』. 2013. 97. 6-9
  • 古田, 博司. 時代の触角16. 『歴史通』. 2013. 24. 219-223
もっと見る
書籍 (24件):
  • 「統一朝鮮」は日本の災難
    飛鳥新社 2018
  • 韓国・韓国人の品性
    ワック 2017
  • 107年の謎-プサン迫間別邸の調査記録
    現代企画室 2017
  • 醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!
    WAC 2014
  • 「紙の本」はかく語りき
    筑摩書房 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 東アジアの未来と国防
    (陸上自衛隊武器学校講演会 2018)
  • 日韓関係を考える
    (日本工業倶楽部 2014)
  • 地政学上の半島事情
    (日本戦略研究フォーラム 2014)
  • 東アジア「反日」トライアングルvs.日本の未来
    (実務法令研究会 2014)
  • 心の哲学
    (クラブ関西定例午餐会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1979 慶應義塾大学 史学
  • - 1976 慶應義塾大学 史学科東洋史学専攻
経歴 (6件):
  • 2000 - 2004 筑波大学 社会科学系 教授
  • 2004 - 筑波大学 大学院人文社会科学研究科 教授
  • 1993 - 2000 筑波大学 社会科学系 助教授
  • 1989 - 1993 下関市立大学 助教授
  • 1988 - 1989 下関市立大学 講師
全件表示
受賞 (2件):
  • 2004 - 読売新聞社・中央公論新社 読売・吉野作造賞
  • 1999 - サントリー財団 サントリー学芸賞
所属学会 (2件):
朝鮮学会 ,  中国社会文化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る