研究者
J-GLOBAL ID:200901036947928182   更新日: 2021年05月08日

淡野 寧彦

タンノ ヤスヒコ | Tanno Yasuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://blog.goo.ne.jp/tanno-yasuhikohttp://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~human/
研究分野 (1件): 人文地理学
研究キーワード (7件): ブランド化 ,  地理 ,  流通 ,  豚 ,  畜産 ,  農業 ,  食料
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2022 健康起因事故に関する危険因子の特定と社会環境の相互作用に関する疫学研究の展開
  • 2016 - 2019 課題発見解決型フィールドワーク教育の多面的評価方法の構築
  • 2015 - 2018 中小規模畜産業産地の革新と存続の可能性に関する研究
  • 2014 - 2015 いずみや(丸ずし)の地域資源としての活用可能性に関する学際的研究
  • 2009 - 2010 飼料米の活用による耕畜連携の基盤づくりに関する研究-循環型農業の実現と食の安心・安全ニーズへの対応に注目して-
論文 (57件):
  • 淡野寧彦, 幸田みのり. 「ひろしま食べる通信」を介した産消提携の進展. 愛媛大学社会共創学部紀要. 2021. 5. 1. 81-92
  • 池田彩乃, 淡野寧彦. 愛媛県鬼北町における座敷雛の発祥と地域的特色. 地理空間. 2020. 13. 2. 73-85
  • 淡野寧彦. タピオカで地域も「映える」のか? -愛媛県松山市中心部の大街道・銀天街商店街に関する大学生による手描き地図の変化を手がかりに-. 愛媛大学社会共創学部紀要. 2020. 4. 2. 27-38
  • 渡邉玲士, 今川総太, 淡野寧彦. 愛媛県上島町岩城島における製塩業の特色-塩田末期の20世紀の状況-. 地域共創研究. 2020. 1. 62-69
  • 淡野寧彦. 愛媛県鬼北町における座敷雛展示の作業工程とその記録化. 愛媛大学社会共創学部紀要. 2020. 4. 1. 6-19
もっと見る
MISC (11件):
  • 令和元年度愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり事業データ分析報告書. 2020
  • 平成30年度愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり事業データ分析報告書. 2019
  • 淡野寧彦. 地域のステークホルダーと連携したフィールドワーク教育の実践と学生の反応-地域資源マネジメント学科文化資源マネジメントコースの移動巡検をもとに-. 平成28年愛媛大学学長戦略経費「愛媛大学における地域調査のためのフィールドワーク体制の確立」報告書. 2017. 181-187
  • 兼子純, 寺谷亮司, 淡野寧彦. 地理学における「巡検」の意義と教育効果. 平成28年愛媛大学学長戦略経費「愛媛大学における地域調査のためのフィールドワーク体制の確立」報告書. 2017. 82-91
  • 淡野寧彦. 中国・内モンゴル-新たな時代に直面する草原の民-. 世界の都市と地域. 2015. 2. 27-30
もっと見る
書籍 (12件):
  • 大学的愛媛ガイドーこだわりの歩き方
    昭和堂 2020
  • グローバル共創人材の育成 : 愛媛銀行と愛媛大学の挑戦 = Developing global co-creation human resources : "The Aspiration" Ehime Bank and Ehime University
    晃洋書房 2020 ISBN:9784771033245
  • 食と農のフィールドワーク入門
    昭和堂 2019 ISBN:9784812218099
  • 図説 日本の島ー76の魅力ある島々の営み-
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254163551
  • 離島研究VI
    海青社 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 農業版ハザードマップ作成の意義とプロセス
    (農村計画学会2020年度春期大会学術研究発表会 2020)
  • タピオカで,地域も「映える」のか?-愛媛県松山市中心部の大街道・銀天街商店街に関する大学生による手描き地図の変化を手がかりに-
    (日本地理学会2020年春季学術大会 2020)
  • 愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり事業【第 3 報】確認された分析の課題とその対応
    (第 78 回日本公衆衛生学会総会 2019)
  • 愛媛県ビッグデータ活用県民健康づくり事業【第 1 報】取り組み
    (第 78 回日本公衆衛生学会総会 2019)
  • 愛媛県鬼北町における座敷雛展示にみる文化の伝播・継承・ 保存活動の特色
    (地理空間学会第11回大会 2018)
もっと見る
Works (4件):
  • 筑波研究学園都市の変容を探る(第1回地理空間学会大会巡検)
    2008 -
  • 筑波研究学園都市を再考する(2008年人文地理学会大会巡検)
    2008 -
  • 千葉県九十九里地域における天然ガスを利用した工業の事業展開(夏の地域研究セミナー:一宮町の明日を考える住民の会主催)
    2007 -
  • 県西蔵のまちネットワーク調査事業(茨城県県西地方総合事務所・共同プロジェクト)
    2006 -
学歴 (2件):
  • 2003 - 2010 筑波大学 地球環境科学専攻人文地理学分野(修了)
  • 1999 - 2003 筑波大学 比較文化学類
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (11件):
  • 2020/04 - 現在 愛媛大学大学院人文社会科学研究科 准教授
  • 2016/04 - 現在 愛媛大学 社会共創学部 准教授
  • 2013/04 - 2020/03 愛媛大学大学院法文学研究科 准教授
  • 2013/04 - 2016/03 愛媛大学 法文学部 准教授
  • 2012/10 - 2015/09 松山東雲短期大学 現代ビジネス学科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/11 - 現在 人文地理学会 編集委員
  • 2016/06 - 現在 地理空間学会 編集委員
  • 2013/06 - 現在 愛媛地理学会 総務委員
  • 2014/05 - 2016/05 愛媛大学人文学会 企画運営委員
  • 2015/04 - 2015/09 日本地理学会 大会準備委員
全件表示
所属学会 (8件):
日本公衆衛生学会 ,  地理科学学会 ,  愛媛地理学会 ,  地理空間学会 ,  人文地理学会 ,  経済地理学会 ,  茨城地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る