研究者
J-GLOBAL ID:200901037920612422   更新日: 2020年05月31日

富澤 一仁

トミザワ カズヒト | Tomizawa Kazuhito
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 熊本大学病院総合臨床研究部  シーズ探索センター長
ホームページURL (2件): http://kumamoto-physiology.jp/http://kumamoto-physiology.jp/
研究分野 (2件): 医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (4件): 生理学 ,  タンパク質翻訳 ,  ミトコンドリア ,  RNA修飾
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • サイクリン依存性キナーゼの生理学的機能
論文 (41件):
  • Doki T, Yamashita S, Wei FY, Hara K, Yamamoto T, Zhang Z, Zhang X, Tawara N, Hino H, Uyama E, Kurashige T, Maruyama H, Tomizawa K, Ando Y. Mitochondrial localization of PABPN1 in oculopharyngeal muscular dystrophy. Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology. 2019. 99. 11. 1728-1740
  • Yamamoto T, Fujimura A, Wei FY, Shinojima N, Kuroda JI, Mukasa A, Tomizawa K. 2-Methylthio Conversion of N6-Isopentenyladenosine in Mitochondrial tRNAs by CDK5RAP1 Promotes the Maintenance of Glioma-Initiating Cells. iScience. 2019. 21. 42-56
  • Naito T, Ercan B, Krshnan L, Triebl A, Koh DHZ, Wei FY, Tomizawa K, Torta FT, Wenk MR, Saheki Y. Movement of accessible plasma membrane cholesterol by GRAMD1 lipid transfer protein complex. eLife. 2019. 8
  • Takesue Y, Wei FY, Fukuda H, Tanoue Y, Yamamoto T, Chujo T, Shinojima N, Yano S, Morioka M, Mukasa A, Kuratsu J, Tomizawa K. Regulation of growth hormone biosynthesis by Cdk5 regulatory subunit associated protein 1-like 1 (CDKAL1) in pituitary adenomas. Endocrine journal. 2019. 66. 9. 807-816
  • Shinoda S, Kitagawa S, Nakagawa S, Wei FY, Tomizawa K, Araki K, Araki M, Suzuki T, Suzuki T. Mammalian NSUN2 introduces 5-methylcytidines into mitochondrial tRNAs. Nucleic acids research. 2019. 47. 16. 8734-8745
もっと見る
MISC (144件):
  • 岡地 洸翔, 真柄 和典, 手塚 健太, 貝塚 拓, 渡辺 連, 富澤 一仁, 岸上 哲士. GFP-9Rを用いた卵子へのタンパク質導入法の研究. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j150-j150
  • 岡地 洸翔, 真柄 和典, 手塚 健太, 貝塚 拓, 渡辺 連, 富澤 一仁, 岸上 哲士. GFP-9Rを用いた卵子へのタンパク質導入法の研究. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j150-j150
  • 榊田 光倫, 魏 范洋, 富澤 一仁, 荒木 栄一. tRNA修飾異常による神経障害の分子機構に関する研究. 糖尿病. 2019. 62. 9. 593-593
  • 魏 范研, 富澤 一仁. 【ミトコンドリアと疾患・老化 細胞内代謝プラントとしての役割を知り、ミトコンドリアを標的とした創薬に挑む】(第3章)ミトコンドリア疾患の診断技術と治療戦略 バイオマーカーの同定と診断技術 ミトコンドリアtRNAのタウリン修飾によるミトコンドリア機能制御と疾患. 実験医学. 2019. 37. 12. 2054-2059
  • 貝塚 拓, 小島 理恵, 川部 雅章, 野口 洋文, 白木 伸明, 粂 昭苑, 富澤 一仁. 網目構造の合成繊維シートから成る培養担体は多能性幹細胞の膵臓系譜への分化を促進する. 組織培養研究. 2019. 38. 2. 123-123
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (8件):
  • Cdkal1によるtRNA修飾とインスリン分泌制御
    中外医学社 2013
  • Primary and Stem Cells: Gene Transfer Technologies and Applications(共著)(30)
    Wiley 2011 ISBN:0470610743
  • 創薬研究のためのタンパク質・プロテオミクス解析
    羊土社 2010
  • CDK5による変異型NPC1蛋白リン酸化によるニーマンピック病発症機序の解明
    富澤一仁 2008
  • Cyclin-Dependent Kinase 5 (Cdk5) (50)
    Springer 2008 ISBN:9780387788869
もっと見る
講演・口頭発表等 (66件):
  • ミトコンドリアtRNAのチオメチル化修飾欠損とミオパチー
    (第14回日本ミトコンドリア学会年会 2014)
  • 糖尿病疾患感受性遺伝子、Cdkal1とインスリン分泌
    (第52回日本糖尿病学会九州地方会 2014)
  • ミトコンドリアtRNA修飾の破綻と疾患発症
    (第87回日本生化学会 2014)
  • Cdk5rap1-mediated 2-methylthio modification of mitochondrial tRNAs controls precise mitochondrial protein translation and contributes to myopathy
    (第25回国際tRNAカンファレンス 2014)
  • X染色体連鎖性精神遅滞の分子機構解明に関する研究
    (第16回ブレインサイエンス研究会 2014)
もっと見る
Works (24件):
  • 中性子発生小型加速器を用いた中性子捕捉療法に対応可能なホウ素製剤の開発
    2014 - 2015
  • 新規オミックス研究分野の創造:tRNA修飾異常と疾患
    2012 - 2015
  • X染色体連鎖性精神遅滞の分子機構の解明
    2015 -
  • 糖尿病性神経障害発症機構の解明と治療法開発に向けた基礎研究
    2015 -
  • アジア人種型糖尿病黄斑症の分子機構の解明
    2012 - 2014
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1992 - 1995 香川医科大学 大学院医学研究科 生体制御学専攻(博士課程)
  • - 1989 岡山大学 歯学部 歯学科
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (3件):
  • 2008 - 2011 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究領域「iPS細胞と生命機能」 研究員
  • 2010 - 熊本大学大学院生命科学研究部(基礎系)分子生理学 教授
  • 2008 - 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 客員教授
所属学会 (2件):
日本神経科学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る