研究者
J-GLOBAL ID:200901037977817888   更新日: 2020年11月16日

小関 素明

オゼキ モトアキ | MOTOAKI OZEKI
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (2件): 日本史 ,  思想史
研究キーワード (1件): 近代日本政治史, 近代日本政治思想史
論文 (58件):
  • 小関素明. 近代日本における「革命の凍結」と「革命の解凍」-日本近代公権力の特質と反体制構想の水脈-. 『立命館大学人文科学研究所紀要』103. 2014. 1~41
  • 小関素明. 書評:林尚之『主権不在の帝国』(有志舎 2012年). 『史創』4. 2013
  • 小関素明. 「『恣意なき独裁』の余塵-近代日本の公権力と立憲君主制-」. 資料集『近代日本の思想空間と公共性』. 2013. 1~9
  • 小関素明. 解説:総力戦の時代としての近代. 『目・耳・WAR-総動員体制と戦意高揚』. 2013. 49-53
  • 小関素明. 2011年度 日本史研究会大会報告批判と反省(近現代史部会 松沢裕作・松村寛之報告). 日本史研究. 2012. 596. 46-55
もっと見る
書籍 (3件):
  • 『日本近代主権と立憲政体構想』(単著)
    日本評論社 2014 ISBN:9784535586710
  • 山口定・中島茂樹・松葉正文・小関素明『現代国家と市民社会』
    ミネルヴァ書房 2005
  • 山口定・佐藤春吉・中島茂樹・小関素明『新しい公共性』
    有斐閣 2003
講演・口頭発表等 (21件):
  • 美濃部達吉と吉野作造を読み解く
    (立命館大学土曜講座「専門研究への橋わたし-入門シリーズ2-」 2014)
  • 「『恣意なき独裁』の余塵-近代日本の公権力と立憲君主制-」
    (国際学術シンポジウム「近現代日本の思想空間と公共性」 2013)
  • 書評:林尚之著『主権不在の帝国』(有志舎 2012年)
    (史創研究会書評会 2013)
  • 憲法改正問題と歴史学
    (日本史研究会・史創研究会合同シンポジウム「立憲制の危機と歴史学」 2013)
  • 明治維新と近代公権力
    (史創研究会2012年度大会 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 立命館大学大学院 史学専攻(日本史専修)
  • - 1985 立命館大学 日本史学
学位 (1件):
  • 博士(文学) (神戸大学)
所属学会 (4件):
日本史研究会 ,  近代都市史研究会 ,  京都民科歴史部会 ,  立命館史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る