研究者
J-GLOBAL ID:200901038026533134   更新日: 2015年04月23日

松尾 量子

マツオ リョウコ | Matsuo Ryoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (4件): 服飾デザイン ,  服飾史 ,  Costume Design ,  History of Costume
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2007 - 2009 山口県における洋装文化の導入と受容
  • 2009 - 身体表現における服飾の表象と記号的意味
  • 服飾におけるデザインの再生についての実践的研究
  • マリアノ・フォルチュニィの服飾研究
  • 16世紀英国の服飾の研究
全件表示
MISC (30件):
  • 17世紀前半の英国の服飾に関する一考察 -女性による異性装と子どもの装い-. 国際服飾学会誌. 2006. 30. 4-16
  • エリザベス一世時代における帽子の着用. 国際服飾学会誌. 2003. 23. 64-75
  • エリザベス1世の肖像画における羽扇. 服飾美学. 2000. 31. 17-32
  • Feather Fans in the Portraits of Queen Elizabeth (]G0001[). Costume Aesthetics. 2000. 31. 17-32
  • 1580年代の肖像画に見るエリザベス1世の服飾-「篩の肖像画」を中心に-. 山口県大学生活科学部研究報告. 1999. 25. 29-34
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 明治・大正期の山口県における女学生の服飾-標準服の導入と受容に関する資料調査を中心に-
    (第55回日本家政学会中国・四国支部研究発表会 2008)
  • 17世紀後半の英国における女性の乗馬服着用の流行
    (日本家政学会第60回大会 2008)
  • 内国勧業博覧会資料に見る山口県周東地域の木綿織物
    (日本衣服学会第59回(平成19年度)年次大会 2007)
Works (21件):
  • 第4回やまぐち県民文化祭メインフェスティバル『<地球>へ...』衣装(共同)
    2000 -
  • 服飾デザインと着物のリサイクル-打ち掛けからウェディング・ドレスへの変容-『時空を越えた花嫁と花婿』衣装制作
    2000 -
  • 『千利休プロジェンクト-黄金の茶室より来た男』におけるアーティストのパフォーマンス用衣装の制作
    2000 -
  • Making Costume for"a Bride and a Bridegroom beyond the time and space"
    2000 -
  • making costume for artist : Performance of Project for "Sen-no Rikyu-The man from the Golden Tea Room"
    2000 -
もっと見る
学位 (1件):
  • 家政学修士 (京都女子大学)
所属学会 (6件):
日本衣服学会 ,  国際服飾学会 ,  美学会 ,  家政学会 ,  意匠学会 ,  服飾美学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る