研究者
J-GLOBAL ID:200901038466685351   更新日: 2021年04月07日

伊原 大策

イハラ ダイサク | Ihara Daisaku
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 中国語 明・清代白話語法
論文 (19件):
  • 伊原,大策. いわゆる補語構造"V取"の変質と衰退について. 東北大学中国語学文学論集. 2011. 16
  • 伊原, 大策. 旧漢語「旅行」の新漢語への再生について. 日本語日本文学(台湾). 2010. 35. 109-125
  • 伊原, 大策. "来不及"句型と"不及来"句型--"来不及"型可能補語句型の起源に関する一要素. 中国文化. 2008. 0. 66. 14-26
  • 伊原, 大策. “来不及”句型と“不及来”句型. 中国文化. 2008. 66. 14-26
  • 伊原, 大策. 可能補語「来不及」の起源に関わる二つの「V不及」--可能補語「来得及/来不及」が存在するのになぜ結果補語「来及」が用いられないのか--. 集刊東洋学. 2007. 98. 82-100
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 東北大学 中国学
  • - 1986 東北大学 中国学
所属学会 (2件):
中国文化学会 ,  日本中国語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る