研究者
J-GLOBAL ID:200901040564863750   更新日: 2020年03月18日

山口 秀文

ヤマグチ ヒデフミ | Yamaguchi Hidefumi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 建築計画、都市計画
研究キーワード (3件): 戸建て住宅地 ,  建築計画 ,  都市計画
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2019 生活要求に基づく戸建て住宅地の更新メカニズムに関する研究
  • 2016 - 2019 過疎・震災復興集落における地域及び計画の持続性に関する研究
  • 2016 - 2018 拡大集落・転出者・移住者に着目した農村の復元力・持続力
  • 2013 - 2015 多様化と混在化からみる戸建て住宅地の成熟・持続に関する研究
  • 2012 - 2014 限界集落・被災地域における新たな居住形態の出現と集落の復興力
全件表示
論文 (45件):
  • 瀬戸口由佳, 山崎寿一, 上村真仁, 山口秀文. 石垣島における地区別の居住動向とその特性に関する考察-移住・定住及び転入者の前住地に着目して-. 日本建築学会住宅系研究報告会論文集. 2019. 14. 39-48
  • 山口秀文, 山崎寿一, 樋野智大, 張京花, 張然. 都市近郊農村における世代交代に着目した家と農業の継承とその意向に関する事例研究 : 神戸市北区長尾町岡集落を事例として. 農村計画学会誌. 2019. 38. 論文特集号. 178-186
  • 菊池 文江, 山崎 寿一, 山口 秀文. 能登半島地震後の公営住宅転出入者からみる集落持続性要因に関する考察-農山漁村地域の持続性に寄与する公的居住ストックの事例として-. 日本建築学会住宅系研究報告会論文集. 2018. 13. 135-144
  • 張 然, 山崎 寿一, 山口 秀文. 都市近郊農村の居民点維持に向けた宅地の利用・管理の実態に関する考察-中国遼寧省瀋陽市瀋北新区尹家街道曙光村の場合-. 日本建築学会住宅系研究報告会論文集. 2018. 13. 153-162
  • 小林 純, 山崎 寿一, 山口 秀文. 地域密着型サ高住における居住者特性と地域との関係に関する考察-地方小都市における高齢者居住システムに関する研究-. 日本建築学会住宅系研究報告会論文集. 2018. 13. 81-90
もっと見る
MISC (4件):
  • 山口 秀文. 神戸市人と自然との共生ゾーンにおける人口と交流人口の安定的定着に向けた地域計画的研究. 都市政策. 2016. 165. 87-92
  • 山口 秀文. 計画的戸建て住宅地の変容と地域文脈-戦前開発の西宮市浜甲子園住宅地を事例として-. 2013年度日本建築学会大会(北海道)都市計画部門パネルディスカッション資料「成長時代のコンテクスチャリズムから人口減少・大災害時代の地域文脈へ」. 2013. 57-60
  • 山口 秀文. リセットされた集落における空間システムの継承・再生 2006年ジャワ島中部地震被災集落(プレンブタン集落)の復興過程を通して. 「東日本大震災と都市・集落の地域文脈 ーその解読と継承に向けた提言ー」、日本建築学会都市計画委員会地域文脈形成・計画史小委員会. 2012. pp.59-62
  • 山口 秀文, 山崎 義人, 田中 貴宏, 重村 力. 地震後の集落復興過程に関する研究 ーバンツール県プレンブタン集落を事例に- 第3章 住宅再建過程と支援制度 第4章 共同空間・公共施設の再建・復興過程からみた集落環境. 平成19年度〜平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(A)(一般))研究成果報告書 ジャワ島中部地震被災地における居住地環境の復興に関する総合的研究. 2009. pp32-41
書籍 (2件):
  • 神戸市北区長尾町岡地区 里づくり計画策定のための調査研究 資料編
    神戸大学生活環境計画研究室 2017
  • アジアのまち再生 社会遺産を力に(case 17 被災集落の復元力・オンサイトの復興を分担執筆)
    鹿島出版会 2017
講演・口頭発表等 (87件):
  • 地方小都市の地域定住からみた脇町山間地域の地域維持に関する考察 脇町 HOPE 計画関連研究のフォローアップ
    (日本建築学会大会学術講演会(東北) 2018)
  • 里づくり計画策定を通じた家・農業の継承と集落運営に関する研究 -神戸市北区O集落を対象として-
    (日本建築学会近畿支部研究報告会 2018)
  • 中国・瀋陽市尹家街道曙光村における近郊農村土地利用の集約化に関する考察 -農村地域の安心居住に関する研究-
    (日本建築学会近畿支部研究報告会 2018)
  • 阪神間住宅地の変遷と変化 まちの時間、住宅の時間、家族の時間
    (兵庫県建築士会まちづくり委員会平成29年度出前まちづくり委員会企画 見学会・シンポジウム「阪神間モダニズム文化と郊外住宅都市形成-武庫之荘地区の取り組み-」 2017)
  • 石垣島白保集落における空間構成と居住動向に関する基礎的研究 その2 地域住民の世帯分離・Uターンと移住者の居住特性に着目して
    (日本建築学会大会学術講演会(中国) 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1998 神戸大学 大学院自然科学研究科博士課程前期課程建設学専攻修了
学位 (2件):
  • 修士(工学) (神戸大学)
  • 博士(工学) (神戸大学)
受賞 (1件):
  • 2012/06 - 一般財団法人 住総研 住総研 研究選奨 能登半島地震・被災集落における住宅復興の文化論的検証
所属学会 (3件):
日本造園学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る