研究者
J-GLOBAL ID:200901041703138680   更新日: 2017年08月21日

田岡 絵理子

Taoka Eriko
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 現在 アジア契約法原則(PACL)総則編構築に向けて--東アジア横断的比較法研究
  • 2011 - 現在 代理人の忠実義務規範の明確化-民法・信託法・金融商品取引法を横断する統一規範の定立を目指して-
  • 2011 - 受託者の忠実義務と善管注意義務の異同及び両義務の関係についての基礎的考察
論文 (17件):
  • 当事者の合理的意思に基づく約款解釈-「合理的意思」の同定方法及びそれに基づく解釈のあり方に関する検討-. 法律時報. 2017. 89. 3. 74-79
  • 2016 信託法に関する学会回顧. 信託. 2017. 269. 139-149
  • 代理人の忠実義務の内容及び善管注意義務・委任事務処理義務との概念的関係について. 私法. 2017. 79
  • 「財産の管理・処分を託す」ということ:預り金を例にした信託の成立要件についての考察. 信託フォーラム. 2016. 6. 58-63
  • 2015 学会回顧(信託法). 法律時報. 2015. 87. 13. 124-130
もっと見る
書籍 (4件):
  • 有料老人ホーム入居契約における権利金不返還条項と初期償却条項の不当条項性判断についての一考察
    成文堂 2017
  • 受託者の忠実義務の本質的内容と信託事務遂行義務・善管注意義務との概念的関係についての一試論
    公益財団法人トラスト未来フォーラム 2015
  • 自己代理・双方代理・利益相反行為
    成文堂 2013 ISBN:9784792326388
  • 委任-指図遵守義務・報告義務-
    成文堂 2013 ISBN:9784792326388
講演・口頭発表等 (3件):
  • The Problem of "Hidden" E-commerce Laws in Japan and the Possibility to Use the Framework of the United Nations Convention on the Use of Electronic communications in International COntracts
    (2016 UNCITRAL Emergence Conference 2016)
  • 代理人の忠実義務の内容及び善管注意義務・委任事務処理義務との概念的関係について
    (第80回私法学会大会 2016)
  • Interpretations based on the Parties' Reasonable Intentions and Content Regulations of Standard Form Contracts in Japan
    (Comparative Studies on Regulations of Standard Form Contracts 2016)
Works (2件):
  • The Problem of "Hidden" E-commerce Laws in Japan and the Possibility to Use the Framework of the United Nations Convention on the Use of Electronic Comunications in International Contracts
    2016 -
  • Interpretations Based on the Parties' Reasonable Intentions and Content Regulations of Standard Form Contracts in Japan
    2016 -
学歴 (3件):
  • 2005 - 2009 早稲田大学 Civil Law
  • 2005 - 2006 デューク大学ロースクール 法学
  • 2003 - 2005 早稲田大学 民事法
学位 (2件):
  • 修士 (早稲田大学)
  • 修士 (デューク大学ロースクール)
経歴 (5件):
  • 2013/04/01 - 現在 国士舘大学 法学部 法律学科 准教授
  • 2010/02 - 現在 税務大学校 非常勤講師
  • 2010/04 - 2015/03 早稲田大学 国際教養学部 非常勤講師
  • 2009/04/01 - 2013/03/31 国士舘大学 法学部 法律学科 講師
  • 国士舘大学 法学部法律学科 准教授
所属学会 (2件):
信託法学会 ,  私法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る