研究者
J-GLOBAL ID:200901042845721494   更新日: 2021年10月27日

大橋 訓英

オオハシ クニヒデ | Ohashi Kunihide
所属機関・部署:
職名: グループ長
研究分野 (2件): 船舶海洋工学 ,  流体工学
研究キーワード (2件): Turbulence model, LevelSet, FreeSurface, Wave motion, Overset method, Two phase flow ,  Turbulence model, LevelSet, FreeSurface, Wave motion, Overset method, Two phase flow
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 KL展開に基づく波浪表現と低次元モデルを用いた船体複合荷重応答の極値予測法
  • 2019 - 2022 実海域での自由水の複雑挙動と流体・船体構造の非線形強連成シミュレーション手法開発
  • 2016 - 2020 実船の流場計測等による船舶の高度性能評価システムの構築のための調査研究業務
  • 2016 - 2019 実海域における船舶の複雑挙動推定のための数値シミュレーション手法の開発
  • 2013 - 2015 省エネ付加物性能評価のための流場データベースの構築とCFD解析ガイドラインの策定
全件表示
論文 (19件):
  • Sakamoto, N, Suzuki, R, Ohmori, T, Kobayashi, H, Ohashi, K. CFD Based Turning Circle Maneuvering Simulation for a Merchant Ship with High-lift Rudder. ISOPE 2021. 2021
  • Sakamoto N, Kobayashi H, Ohashi K, Kawanami Y, Winden B, Kamiirisa H. An overset RaNS prediction and validation of full scale stern wake for 1,600TEU container ship and 63,000 DWT bulk carrier with an energy saving device. Applied Ocean Research. 2020. 195
  • Kunihide Ohashi. A new approach for handling body motion by combining a grid deformation method and an overset grids technique. Ocean Engineering. 2020. 213
  • Kunihide Ohashi. Numerical study of roughness model effect including low-Reynolds number model and wall function method at actual ship scale. Journal of Marine Science and Technology. 2020
  • Araki, M., Otsubo, K., Ishida, K., Hasegawa, K., Ohashi, K. Model Experiments and CFD simulations of Offshore Support Vessel with Heavy Suspended Load in Waves. The 11th International Workshop on Ship and Marine Hydrodynamics. 2019
もっと見る
MISC (6件):
  • 大橋 訓英, 小野寺 直幸. Xeon Phiによる共有メモリ型計算手法の船舶周り流れへの適用性について. 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science. 2017. 22. 4p
  • 小野寺 直幸, 大橋 訓英. GPUを用いた格子ボルツマン法による固気液連成解析モデルの開発. 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science. 2017. 22. 4p
  • 大橋 訓英, 日野 孝則. 不規則波中の円柱周り流れのシミュレーション(所外発表論文等概要). 海上技術安全研究所報告. 2013. 12. 4. 309-309
  • 大橋 訓英, 日野 孝則. 壁関数型モデルによる付加物周り流れの比較(所外発表論文等概要). 海上技術安全研究所報告. 2012. 12. 1. 44-44
  • 大橋 訓英, 日野 孝則. 数値計算による壁関数型モデルの付加物周り流れへの適用性について(所外発表論文等概要). 海上技術安全研究所報告. 2012. 12. 1. 45-45
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • Numerical Simulation of Strongly Coupled Liquid Fluids in Tanks inside of Floating Body and its Motions with Incoming Lateral Regular Waves
    (ECCOMAS MARINE 2021 2021)
  • 船体に働く波浪荷重と流体構造連成解析について
    (第26回 計算工学講演会 2021)
  • Numerical Simulation of Sloshing in LNG Tank including Irregular Tank Motion using Moving Grid Technique
    (WCCM-ECCOMAS Congress 2020 2021)
  • タンク内流動と浮体運動の強連成シミュレーション
    (第34回 数値流体力学シンポジウム 2020)
  • 不規則運動下でのLNGタンクのスロッシング計算
    (日本流体力学会年会2020 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2001 九州大学大学院 海洋システム工学専攻 博士課程修了
  • - 1998 九州大学大学院 船舶海洋システム工学専攻 修士課程修了
  • - 1996 九州大学 船舶海洋システム工学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 流体性能評価系 CFD研究グループ グループ長
  • 2010 - 2018 流体性能評価系CFD研究グループ
  • 2009 - 2010 ナント工科大学 在外研究
  • 2008 - 2010 CFD研究開発センター 主任研究員
  • 2006 - 2008 流体部門推進性能研究グループ 主任研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2021/07 - 現在 日本船舶海洋工学会 東部支部運営委員会委員
  • 2021/06 - 現在 日本船舶海洋工学会 秋季講演会実行委員
  • 2015 - 2017 日本船舶海洋工学会 推進・運動性能研究会 庶務幹事
  • 2015 - 2017 日本船舶海洋工学会 分野研究企画部会委員
  • 2011 - 2013 日本船舶海洋工学会 CFD による船舶の省エネ性能評価研究委員会委員
受賞 (2件):
  • 2017 - 日本船舶海洋工学会 日本船舶海洋工学会賞(発明考案等)
  • 2012 - 国土交通省 国土交通大臣表彰 「発明考案」[次世代の船舶用CFDソフトウェアシステムの開発]
所属学会 (2件):
日本流体力学会 ,  日本船舶海洋工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る