研究者
J-GLOBAL ID:200901043532542277   更新日: 2021年10月27日

砂金 祐年

イサゴ サチトシ | Isago Sachitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 政治学
研究キーワード (5件): 防災・危機管理 ,  NIMBY ,  コミュニティ ,  ソーシャル・キャピタル ,  公共政策
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2022 NIMBYを捉え直す:原発再稼働をめぐる市町村議会意見書の計量分析による検証
  • 2018 - 2022 ララ救援物資の形成・配分過程 -関与機関・団体の多様性とその帰結-
  • 2020 - 2021 東海第二発電所の再稼働は関東地方の市町村議会でどう議論されているのか?
  • 2020 - 2021 東海第二発電所再稼働に対する茨城県44市町村の態度に関する実証的研究
  • 2014 - 2018 ララ救援物資と戦後福祉改革期の公私協働に関わる総合的な研究
全件表示
論文 (18件):
  • 砂金祐年. 原発再稼働に対する市町村議会の態度-東海第二原発をめぐる意見書の計量分析を通じて-. 年報行政研究. 2021. 56. 123-144
  • 砂金祐年. 茨城県東海村の原子力諸施設をめぐる合意形成構造の変容. 常磐総合政策研究. 2019. 4. 27-51
  • 砂金 祐年. ララ物資の管理と行政の関与 村松晴嵐荘『作業部書類綴』『作業部當直日誌』より. 政經論叢. 2018. 86. 3・4. 137-161
  • 砂金 祐年. 東日本大震災前後における都市住民の防災意識・行動の比較分析. コミュニティ振興学研究. 2016. 23. 19-38
  • 砂金 祐年. 地域コミュニティの防災-東日本大震災後の変化とCCP(コミュニティ継続計画)の可能性-. 第76回全国都市問題会議『都市と新たなコミュニティ』. 2014. 159-166
もっと見る
MISC (21件):
  • 砂金祐年. 東海第二発電所の再稼働は 関東地方の市町村議会で どう議論されているのか?〜論点の多様性と市民意識との比較〜. 令和2年度 地域と原子力に関する社会科学研究支援事業 最終報告書. 2021
  • 砂金祐年. 今村都南雄『大牟田市まちづくりの二つの難題ー「楕円的構図」による把握-. 〈地方自治叢書〉自治の現場と課題. 2020. 32. 221-230
  • 砂金祐年. 高大官連携による「藤井川ダムカレー」の開発. JOYO ARC. 2018. 582. 9-10
  • 照沼 勝夫, 砂金 祐年. 村松晴嵐荘の思い出-村松晴嵐荘元職員の回顧録-. コミュニティ振興学研究. 2016. 23. 67-84
  • 砂金祐年. 熊本地震における「車中泊による避難者」と地域特性. 日本自治体危機管理学会ニューズレター. 2016. 37. 5
もっと見る
書籍 (9件):
  • 行政と地方自治の現在
    北樹出版 2015
  • 危機管理学 社会運営とガバナンスのこれから
    第一法規 2014 ISBN:9784474029811
  • シリーズ「信頼と新しい公共」No.1 行政の危機管理と信頼
    芦書房 2012
  • 震災・避難所生活と地域防災力 北茨城市大津町の記録
    東信堂 2012
  • 福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書
    2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 地方議員は住民のエージェントなのか?-市町村議会の意見書、および住民WEBアンケートによる検証-
    (日本地域政策学会 2021)
  • 知事たちはいつ何を訴えたのか?-知事記者会見についての計量テキスト分析による検証-
    (日本行政学会 2021)
  • 原子力発電所再稼働をめぐる多様な論点
    (TOKAI原子力サイエンスフォーラム 2021)
  • 原発再稼働はNIMBYか? -市町村議会意見書の分析を通じて-
    (日本行政学会 2020)
  • 自治体政策と地域コミュニティの相互作用 -茨城県東海村における結核療養所と原子力諸施設の位置づけ
    (日本行政学会 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 2010 明治大学大学院 政治学専攻(再入学)
  • 2002 - 2005 明治大学大学院 政治学専攻
  • 2000 - 2002 明治大学大学院 政治学専攻
  • 1995 - 1999 福島大学 行政学科
学位 (3件):
  • 学士(法学) (福島大学)
  • 修士(政治学) (明治大学)
  • 博士(政治学) (明治大学)
経歴 (22件):
  • 2021/04 - 現在 常磐大学 総合政策学部 総合政策学科 学科長
  • 2020/04 - 現在 常磐大学 社会安全政策研究所 併任教授
  • 2020/04 - 現在 常磐大学大学院 人間科学研究科 教授
  • 2020/04 - 現在 常磐大学 総合政策学部 教授
  • 2017/04 - 現在 明治大学 情報コミュニケーション学部 兼任講師
全件表示
委員歴 (36件):
  • 2021/05 - 現在 城里町 まち・ひと・しごと創生有識者会議 委員
  • 2021/05 - 現在 城里町 総合計画審議会 委員
  • 2021/05 - 現在 日本協働政策学会 理事
  • 2021/01 - 現在 日立市 総合計画策定委員会 副委員長
  • 2021/01 - 現在 水戸市 防災会議 委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本協働政策学会 ,  日本地域政策学会 ,  日本危機管理防災学会 ,  日本地方自治学会 ,  日本公共政策学会 ,  日本行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る