研究者
J-GLOBAL ID:200901046265876712   更新日: 2021年10月21日

橋本 幸男

ハシモト ユキオ | Hashimoto Yukio
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 原子核集団運動の非線形動力学理論
論文 (86件):
  • Hashimoto, Yukio. Friction coefficient in reaction 20O+20O by Gogny-TDHFB method. INFORMATION. 2020. 23. 4. 233-245
  • Hashimoto, Yukio. Friction coefficient in reaction 20O+20O by Gogny-TDHFB method. INFORMATION. 2020
  • 橋本, 幸男. Quantum Theory of Many-Particle Systems, Nuclear Models. 日本物理学会誌. 2020
  • Tong, Liang, Hashimoto, Yukio, Yan, Shiwei. 3D TDHFB theory with Gogny force and fission dynamics of Pu-240. CHINESE SCIENCE BULLETIN-CHINESE. 2020. 65. 21. 2225-2237
  • 橋本,幸男. Quantum Theory of Many-Particle Systems, Nuclear Models. 日本物理学会誌. 2020. 75. 11. 709-710
もっと見る
書籍 (2件):
  • NUCLEAR PHYSICS TRENDS
    AMER INST PHYSICS 2010 ISBN:9780735407800
  • 10TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES
    AMER INST PHYSICS 2010 ISBN:9780735408197
講演・口頭発表等 (26件):
  • 時間依存密度汎関数理論に基づく超流動原子核の反応機構の研究(ポスター)
    (第6回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会 2019)
  • 時間依存密度汎関数理論に基づく超流動原子核の反応機構の研究(ポスター)
    (第6回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会 2019)
  • Gogny-TDHFB による40Sの対称型大振幅振動運動の記述
    (日本物理学会第74回年次大会 2019)
  • Study of 40S by Gogny-TDHFB method
    (Tsukuba-CCS workshop on “microscopic theories of nuclear structure and dynamics 2018)
  • 時間依存密度汎関数理論に基づく超流動原子核の反応機構の研究”(ポスター)
    (第5回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 筑波大学 物理学
  • - 1979 筑波大学 自然学類
経歴 (3件):
  • 1986 - 1993 筑波大学 物理学系 助手
  • 1985 - 1986 東京大学 原子核研究所 教務補佐員
  • 1984 - 1985 学術振興会 奨励研究員
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る