研究者
J-GLOBAL ID:200901047447388990   更新日: 2019年04月09日

仲山 慶

ナカヤマ ケイ | NAKAYAMA Kei
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.team-fische.com/bio/http://www.team-fische.com/
研究分野 (4件): 放射線・化学物質影響科学 ,  環境影響評価 ,  水産学一般 ,  水圏生産科学
研究キーワード (24件): マイクロアレイ ,  有害化学物質 ,  環境 ,  農林水産物 ,  シトクロムP450 ,  トキシコゲノミクス ,  POPs候補物質 ,  リスク評価 ,  アジア途上地域 ,  マボヤ ,  リンホシスチス病 ,  カワウ ,  熱ショックタンパク質 ,  ダイオキシン類 ,  環境汚染 ,  鞭毛虫 ,  異物代謝酵素 ,  リンホシスチスウイルス ,  歴史トレンド ,  有機フッ素化合物 ,  寄生虫 ,  環境毒性学 ,  内分泌かく乱 ,  バイオインフォマティクス
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2014 - 2015 化学物質の慢性暴露が病原体感染時のコイの免疫応答に与える影響
  • 2013 - 2015 マボヤ被嚢軟化症の被嚢軟化メカニズムの解明
  • 2011 - 2012 リンホシスチスウイルス感染による宿主細胞の肥大化機構の解明
  • 2008 - 2012 アジア途上地域における POPs 候補物質の汚染実態解明と生態影響評価
  • 2008 - 2009 ヒラメにおける水酸化PCBsの体内挙動と生体影響に関する研究
全件表示
論文 (38件):
  • Kawaguchi M, Hagio H, Yamamoto N, Matsumoto K, Nakayama K, Akazome Y, Izumi H, Tsuneoka Y, Suto F, Murakami Y, Ichijo H. Atlas of the telencephalon based on cytoarchitecture, neurochemical markers, and gene expressions in Rhinogobius flumineus [Mizuno, 1960]. The Journal of comparative neurology. 2019. 527. 4. 874-900
  • Hirose E, Nakayama K, Yanagida T, Nawata A, Kitamura SI. Measurement of Tunic Hardness in an Edible Ascidian, Halocynthia roretzi, with Remarks on Soft Tunic Syndrome. Zoological science. 2018. 35. 6. 548-552
  • Noman Reza MA, Mohapatra S, Shimizu S, Kitamura SI, Harakawa S, Kawakami H, Nakayama K, Sawayama E, Matsubara T, Ohta K, Chakraborty T. Molecular cloning, characterization and expression analysis of complement components in red sea bream (Pagrus major) after Edwardsiella tarda and red sea bream Iridovirus (RSIV) challenge. Fish & shellfish immunology. 2018. 82. 286-295
  • Sawayama E, Noguchi D, Nakayama K, Takagi M. Identification, Characterization, and Mapping of a Novel SNP Associated with Body Color Transparency in Juvenile Red Sea Bream (Pagrus major). Marine biotechnology (New York, N.Y.). 2018
  • Sawayama E, Tanizawa S, Kitamura SI, Nakayama K, Ohta K, Ozaki A, Takagi M. Identification of Quantitative Trait Loci for Resistance to RSIVD in Red Sea Bream (Pagrus major). Marine biotechnology (New York, N.Y.). 2017
もっと見る
MISC (42件):
書籍 (1件):
  • Ecotoxicology of Antifouling Biocides
    Springer Japan 2009
経歴 (1件):
  • 2014 - 愛媛大学 講師
所属学会 (3件):
日本環境毒性学会 ,  The Society of Environmental Toxicology and Chemistry ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る