研究者
J-GLOBAL ID:200901049043060284   更新日: 2020年05月28日

福島 統

フクシマ オサム | Fukushima Osamu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 解剖学 ,  科学教育
研究キーワード (1件): 医学教育
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1981 - 1996 凍結結超薄切片酵素組織化学
  • 1981 - 1996 骨組織における蛋白質分解酵素の局在
  • 1995 - 医学教育
論文 (20件):
  • 福島 統. 「プログラム評価」日本医学教育学会監修. 医学教育白書2018年版,篠原出版新社. 2018. 225-229
  • 福島 統. 『行動科学』をどのように医学教育に取り入れるか. 保健の科学. 2018. 60. (7). 460-464
  • 福島 統. 医師と倫理教育について. 医学振興. 2018. 862-865
  • 福島 統. 薬学教育の将来-医療者教育. ファルマシア. 2014. 50. (12). 1234-1236
  • 福島 統. 医学教育分野別質保証とは. 医学振興. 2014. 79. 2-5
もっと見る
MISC (63件):
書籍 (10件):
  • 英国におけるOSCE.
    篠原出版新社 2007
  • 実践PBLテュートリアルガイド
    南山堂 2004
  • 臨床実習へのステップアップ-臨床症例から基礎を学ぶ-
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2004
  • 基礎臨床技能シリーズNo.1
    メジカルビュー社 2003
  • 組織細胞化学1994:凍結超薄切片酵素組織化学.
    学際企画 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • 医療者養成における倫理教育-職業教育の側面から
    (日本解剖学会第106回関東支部学術集会 2018)
  • 医学教育の歴史
    (医学教育の歴史,東京医科歯科大学 2018)
  • E-Learning を用いた医療系学部の地域貢献.
    (第3回医療系大学e-ラーニング全国交流会 2009)
  • 「プライマリケア現場の臨床研究者の育成」プログラム.
    (第125回成医会総会. 2008)
  • 海外における学士入学制度:第1報.
    (第40回日本医学教育学会大会. 2008)
もっと見る
Works (1件):
  • 平成9年度福祉体験実習報告書(東京慈恵会医科大学,コース医学総論,ユニット福祉体験実習)
    1997 -
学歴 (2件):
  • - 1984 東京慈恵会医科大学 医学研究科 解剖学
  • - 1981 東京慈恵会医科大学 医学部 医学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京慈恵会医科大学)
経歴 (4件):
  • 1999 - 2001 東京慈恵会医科大学
  • 1985 - 1999 東京慈恵会医科大学
  • 1984 - 1985 東京慈恵会医科大学 助手1985-1999 東京慈恵会医科大学 講師1999-2001 東京慈恵会医科大学 助教授2001- 東京慈恵会医科大学 教授2002-2004 東京医科歯科大学 客員教授2007- 東京慈恵会医科大学 教育センター センター長
  • 1984 - 1985 東京慈恵会医科大学
委員歴 (28件):
  • 第8回熊本大学医学部FDワークショップ. 「臨床推論テュートリアル」、「臨床実習という学習の場」
  • 平成19年度文部科学省「先導的大学改革推進事業」「日本におけるメディカルスクール制度の導入課題の検討も含めた医師養成制度の国際比較と学士編入に関する調査」 研究協力者.
  • 平成18年度九州大学「魅力ある大学院教育イニシアティブ」外部評価委員会 委員
  • 平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム」審査部会(第一審査部会(学士過程) 委員
  • 板橋中央総合病院調査外部委員会 委員
全件表示
所属学会 (35件):
平成19年度(第34回)理学療法士作業療法士養成施設等教員講習会.「教育方法論 ,  「学習評価」 ,  「教育を通じて“大学力”をアップさせる」 ,  第4回名城大学臨床や苦学教育臨床技能トレーニングプログラム・第27回医学教育セミナーとワークショップ.「客観試験問題の作り方」 ,  第8回熊本大学医学部FDワークショップ. ,  東京医科大学西新宿SSJ委員会講演会.「慈恵医大における医学教育施設とその活用」 ,  第6回東京医科大学医学教育アドバンストワークショップ.「慈恵医大における医学教育施設とその活用」 ,  横浜市立大学医学部3年生 医療コミュニケーション論 ,  兵庫医科大学4年生講義.「医療安全と多職種チームワーキング」. ,  兵庫医科大学4年生講義.「コミュニケーション:職場の中で学ぶ」. ,  加古川市民病院看護局臨床指導者合同研修会.「職場で学ぶ」. ,  関西医療大学FD講演会.「客観試験問題の作り方」. ,  「客観試験の作り方と修正イーベル法」. ,  山形大学医学教育ワークショップ2007.「学習評価とは-評価が人を育てる」 ,  佐久市立国保浅間総合病院研修会.医療事故から学ぶ-異職種間コミュニケーション-. ,  「地域医療臨床実習」. ,  「Workplace での評価」 ,  「職場の中で学ぶ」 ,  平成19年度金沢医科大学「医学教育に関するワークショップ」.「英国の卒業試験OSCE:基本的臨床能力とは」 ,  第15回日本医科大学医学教育のためのワークショップ「SGL(PBL-テュートリアル)とは」 ,  「医療者養成のグランドデザイン」鍼灸医療推進研究会. ,  平成19年度文部科学省「先導的大学改革推進事業」「日本におけるメディカルスクール制度の導入課題の検討も含めた医師養成制度の国際比較と学士編入に関する調査」 ,  平成18年度九州大学「魅力ある大学院教育イニシアティブ」外部評価委員会 ,  平成19年度「特色ある大学教育支援プログラム」審査部会(第一審査部会(学士過程) ,  板橋中央総合病院調査外部委員会 ,  共立薬科大学医療人GP評価委員会 ,  私立医科大学協会 ,  財団法人柔道整復研修試験財団 ,  医療系大学間共用試験実施・評価機構 ,  全国医学部長病院長会議 ,  日本薬学会 ,  医学教育学会 ,  大学教育学会 ,  日本高等教育学会 ,  日本医学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る